3000万貯金するには必要な習慣と方法がある!おすすめの投資方法3選と運用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論からお伝えすると、3,000万円なら基本的に誰にでも貯金することができます。一朝一夕で0円から3,000万円の資産を築くのは難しいですが、時間さえかけられれば誰にでも達成できる金額なのです。

この記事では、貯金できる人の習慣や早く目標金額に到達するための投資について紹介していきます。3,000万円を貯めるために、毎月いくら貯金するべきなのかについてシミュレーションも紹介するので、ご自身の貯金をイメージしながらご覧ください。

国内おすすめ資産運用ランキング

貯金できる人とできない人の違い

「自分は収入が少ないからお金が貯まらない」と思っていませんか?確かに年収が多い人の方が貯金しやすそうですが、実は、貯金できる人とできない人の違いは年収ではないのです。

貯金できる人とできない人のマインドがどう異なるのか、具体的に解説していきましょう。

年収の大小はあまり関係ない

年収が多くても少なくても、貯金できる人は貯金できます。逆に、年収1,000万円以上もあるのに浪費してしまって貯金ゼロという人もいるため、年収と貯金は関係がありません

年収が少ない人でも、貯金の習慣を身につければ必ず貯金をすることができます。まずは「自分は年収が少ないから貯金できなくても仕方ない」とか、「昇給したら貯金するけど、今は無理」といった考え方を捨ててください。

貯金の必要性を感じているかどうか

年収に関わらず、貯金できる人は自分なりに貯金の必要性を感じています。例えば、3,000万円貯めてマイホームを買ったり、子供にレベルの高い教育を受けさせたりしたいといった具体的な目標を持っているのです。

目標がない人は貯金に対するプレッシャーがないため、銀行口座にあるすべてのお金を使ってしまいがちです。貯金をしたいなら、漠然と「お金を貯めたい」と思うだけでなく、貯金が必要な理由を自分なりに明確にしましょう。

3,000万円貯めるための貯金の3つの習慣

貯金ができる人には、共通する習慣があります。特に、3,000万円といった大きな金額を貯めるなら、次の3つの習慣が非常に重要です。

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

  1. 毎月一定額を天引きして生活する
  2. 収入・支出を書き出す
  3. 生活を切り詰めすぎない

習慣1:毎月一定額を天引きして生活する

貯金をするための習慣で最も大事なのは、毎月一定額を機械的に貯金し、そのぶんは元々無いものとして生活することです。言い換えると、給与が振り込まれたらすぐに貯金分のお金を自ら天引きし、自由に使えないようにするのです。

貯金できない人は、口座に入っているお金をなくなるまで使ってしまうものです。これを防ぐためには、給与が振り込まれた時点で貯金分を別の口座に移したり、定期預金に移し変えたりすれば良いのです。

このように自ら強制的に貯金する仕組みを作ることで、確実にお金を貯めていくことができます。なかなか貯金ができない人は、今すぐこの習慣を身につけましょう。

習慣2:収入・支出を書き出す

入ってくるお金と使っているお金の内訳を書き出し、収入と支出を把握しましょう。毎月いくら貯金ができるかは人によって異なるので、貯金できる金額を調べるために書き出します。

例えば、毎月いくら飲み会に使っているか、パッと答えられる人は少ないのではないでしょうか?不必要な飲み会であれば欠席するよう心がけることも重要ですし、必要なら「いくら使っているか」把握しておくべきでしょう。

収入と支出を書き出すことで無駄な出費を明らかにし、毎月の貯金額を決めて、前述したように天引きして貯金することを習慣にしましょう。

習慣3:生活を切り詰めすぎない

貯金をするときに意外と重要なのが、生活を切り詰めすぎないことです。ストレスを溜めないことが、貯金を長く続けていくコツです。

貯金を始めてすぐの頃は、1円でも多く貯金するために節約を頑張れるものですが、それは後に大きなストレスとなります。ストレスが溜まって耐えられなくなったとき、ストレス発散のために買い物に走ってしまう人は大勢います。

不要なものやブランド品を大量に買って、かえって支出が多くなってしまいます。

お金を貯めるために貯金をしたのにストレスで散財してしまうなんて、とてももったいないです。長くコツコツと貯金をしていくためにも、生活をギリギリまで切り詰めるようなことはないようにしましょう。

今すぐにできる貯金するための具体的な方法

貯金をするための習慣について理解したところで、次は具体的な方法についてお伝えしていきましょう。節約するだけでなく、ポイントを貯めたり投資でコツコツ増やしたりすることで、3,000万円により早く到達することができます。

今すぐにできる貯金をするための具体的な方法は、次の4つです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

  1. 無駄な出費をしない
  2. 固定費を見直す
  3. キャッシュレス決済でポイントを貯める
  4. 投資を始めてコツコツ増やす

方法1:無駄な出費をしない

まず、無駄な出費は絶対にしないようにしましょう。

「ファッション関係のアイテムは有名ブランドのものでなければ恥ずかしい」といったように思ってしまう人もいるようですが、そんなことはありません。有名ブランドではないメーカーの商品で、値段が安くて品質が良いものはたくさんあります。

本気で貯金をしたいなら考え方を変え、安くて良いものを長く使っていきましょう。

 

ブランド品の購入を控えることはわかりやすい例ですが、節約するためにはたくさんの方法があります。

外食を控えて自炊したり、本は買わずに図書館で借りたりすることができます。最近では洋服のシェアサービスもあり、服すら買わなくて良いこともあります。

無駄な出費を減らすために最新のサービスも活用するなど、工夫していきましょう。

方法2:固定費を見直す

貯金をするための節約に効果的なことは、固定費を見直し安くすることです。

固定費とは、家賃や車の維持費、携帯電話の料金など、毎月・毎年同じくらいの出費が必要な支出のことです。お金を貯めるための節約といえば、電気をこまめに消すなどといった細かい方法論を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、これで節約できるのは、たったの1円か2円ととても少ない金額です。

 

一方で、固定費の見直しは貯金のための節約にとても有効です。

例えば、携帯電話は大手キャリアで契約すると、月々の支払いは1万円前後となるでしょう。ですが、格安スマホにすれば高くても3,000円前後の支払いで済みます。

浮いた7,000円は消費に使わず、そのまま貯金に回すことができます。

方法3:キャッシュレス決済でポイントを貯める

買い物をするとき、楽天カードで支払えば楽天ポイントが貯まり、Yahooカードで支払えばTポイントが貯まります。このように、クレジットカードなどでキャッシュレス決済をするとポイントが貯まるサービスは、あらゆる運営会社で実施されています。

ポイントはお金の代わりになるので、節約に役立ち貯金もしやすくなります。買い物をするときには積極的にポイントを使い、現金の支出を減らしていきましょう

また、余った現金は使わずに貯金しましょう。

 

ポイントは買い物に使うだけでなく、「ポイント投資」に使うこともできます。ポイント投資も3,000万円貯めるために使っていきたい投資法です。詳しくはあとで紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

方法4:投資を始めてコツコツ増やす

貯金するだけでも3,000万円は貯められます。ただ、かなりゆっくりのペースになってしまいます。

早く3,000万円の貯金を作るには、「貯めながら増やす」必要があります。毎月貯金をしながらも、貯めたお金を投資で運用し、さらに増やしていきましょう。

ここからは、これまで投資をしたことがない初心者が3,000万円を目指すためにおすすめの投資法について紹介していきます。

投資で3,000万円貯めるシミュレーション

毎月いくらずつ貯金したり投資したりすれば、3,000万円を貯めることができるのでしょうか?気になる毎月の拠出額を考えるために、投資をシミュレーションしていきましょう。

投資と貯金を比較

投資と貯金とでは、どれくらいお金を貯める効率が異なるのか検証していきましょう。投資は利回り3パーセントと仮定し、毎年3パーセントずつ自動的にお金が増えていくとします。

まず、毎月5万円の投資を31年間続けた場合を考えます。利回りが3パーセントなら、31年で3,000万円を超える資産を作ることができます。つまり、利回り3パーセントの投資先なら、毎月5万円ずつ31年間にわたって投資をし続ければ良いことがわかりました。

一方、預金の利回りはほとんど0パーセントです。毎月5万円の貯金を31年間も継続したとして、1,860万円にしかならないのです。3,000万円どころか、2,000万円にも届きません。

投資をせず預金だけで3,000万円を貯めるには、50年という長い時間がかかってしまいます。今回のシミュレーションでは、投資をすれば31年で3,000万円貯められるので、投資をした方が圧倒的に早くお金を貯められることがわかるかと思います。

3,000万円の貯金なら投資も活用しよう

シミュレーション結果から、3,000万円を貯金するには、次の2点を堅実に実行するべきだと言えます。

  1. 毎月5万円の貯金
  2. 利回り3%での31年間の積立投資

貯金だけでなく投資も始めていく必要があるのです。次の項目では、投資をしたことがない初心者向けに、おすすめの投資法を紹介していきます。

貯金感覚で始められるおすすめ投資方法

3,000万円を貯めるには、投資が必要なことがわかりました。ここからは、初心者でもやりやすく、貯金感覚で始められる投資法を3つ紹介していきます。

  1. 投資信託
  2. ポイント投資
  3. おつり投資

おすすめ投資方法1:投資信託

投資信託は、資産運用のプロである運用会社に資産運用をお任せする投資商品です。株式や債券といった投資先のカテゴリーは投資家が選ぶ必要がありますが、具体的な銘柄選びなどは運用会社に任せることができます。

投資信託の利回りは1パーセントから3パーセント程度なので、利回りの高い銘柄を選んでいち早く3,000万円達成を目指しましょう。株式に投資する投資信託の方が利回りが高いので、3,000万円を目指す人におすすめです。

投資信託は、毎月決まった金額を積み立てることができます。先ほどお伝えしたシミュレーションどおり毎月5万円がおすすめですが、難しければ少ない金額からでも積み立てられます。100円でもスタートできるので、貯金感覚で投資信託を積み立てましょう。

 

投資信託のメリットは、初心者でも安心して投資を始められることです。プロに資産運用を任せることができるため、経験のない投資初心者でも投資で大失敗するリスクがとても低いのです。

一方で、投資信託のデメリットは、やや利回りが低いことです。プロに運用を任せるため、手数料を支払う必要があり、投資家が受け取れる利益が少なくなってしまうのです。

それでも、利回りの高い銘柄を選べれば利回り3パーセントは実現できます。プロに任せられて初心者でも安心の投資信託は、これから投資を始める人が最初に買う商品としておすすめです。

おすすめ投資方法2:ポイント投資

ポイント投資とは、買い物やクレジットカードの利用で貯まるポイントを使って、投資商品を購入する投資方法です。現金での投資に加え、ポイントも投資することで、元手を増やすことができます。

利回りは商品によりますが、株式に投資するなら2パーセントから5パーセントほど、投資信託に投資するなら1パーセントから3パーセントほどです。おすすめは利回りの高い株式に投資することで、早く3,000万円達成を目指すことができます。

普段、貯まったポイントは次の買い物で使ってしまっている人が多いと思います。ですが、そのポイントを貯金する感覚で、投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ポイント投資のメリットは、ポイントだけを使って投資するなら自分の現金を使わなくて良いことです。投資に失敗しても、タダで手に入れたポイントを使った投資なので、全く損をしたことになりません。初心者でも気軽に挑戦できることがポイント投資のメリットです。

ポイント投資のデメリットは、そもそもポイントが貯まりにくい人はたくさん投資できないことです。貯金を頑張るなら節約も大事なので、買い物によるポイントは貯まりにくいでしょう。

多い人でも1ヶ月で1,000ポイントほどしか投資できず、毎月5万円の貯金という目標には届きません。

 

ポイント投資単独では大きな資産になりにくいので、少しでも投資の元手を増やすための投資と考えるのが良いでしょう。ポイント投資はタダで投資ができるサービスなので、少ない金額であってもぜひ活用してみてください。

おすすめ投資方法3:おつり投資

おつり投資とは、電子マネーで買い物をしたときの端数を自動的に投資してくれるサービスです。端数は主に投資信託で運用されます。

「おつり」を使う投資なので、1円から投資することができます。おつり投資の利回りは、投資する商品によってさまざまですが、利回りは3パーセントほどです。

 

おつり投資のメリットは、投資の習慣がない人でもお金を貯めやすいことです。買い物で出た端数を自動的に投資に回してくれるサービスなので、意識しなくても強制的にお金が貯まっていきます。

一方で、おつり投資のデメリットは支出をしなければ投資ができないことです。毎月5万円の貯金のために節約をすると、買い物の頻度が減っておつり投資の機会は少なくなります。

 

したがって、おつり投資は、毎月投資する5万円とは別に始める方が良いでしょう。「買い物で使わなかったお金」を投資するサービスなので、日常で支出をしながらおつり投資に取り組み、3,000万円達成を早く実現させましょう。

まとめ

3,000万円の貯金をするために、心がけるべき習慣や具体的な投資法について解説してきました。内容をおさらいしましょう。

  • 貯金できる人は年収にかかわらず、貯金するための習慣が身についている
  • 貯金だけだと3,000万円の達成は時間がかかるが、投資も並行することで早く目標金額を実現できる
  • おすすめの投資法は投資信託、ポイント投資、おつり投資

収入の少ない人でも、時間さえかければ3,000万円を貯めることができます。投資信託などを活用し、早く3,000万円を達成しましょう。

1000万円のおすすめ投資先は?リスク・リターン別の資産運用方法
1000万円のおすすめ投資先は?リスク・リターン別の資産運用方法

「手元にある1,000万円を、何に投資するべきかわからない」そう悩んでいる方は少なくありません。 1,000万円は大金です。そのため、何に投資しようか迷ったり投資すること自体に不安を感じたりするかもし もっと読む

元手1000万円を増やすのにおすすめの運用方法は?2倍に増やすためには?
元手1000万円を増やすのにおすすめの運用方法は?2倍に増やすためには?

「元手1,000万円で、お金を増やす投資方法はないか?」とお悩みでしょうか?お金を増やせれば、老後の心配もなくなるし自由な生活もできるかもしれません。 しかし、むやみにお金を増やそうとしても、お金の増 もっと読む

1億円の資産運用方法とは?投資スタイル別6つのおすすめ運用プラン
1億円の資産運用方法とは?投資スタイル別6つのおすすめ運用プラン

1億円貯めることを目標にしている方も多いでしょう。1億円あればたいていの住宅をキャッシュで買えますし、老後の不安もなくなります。 しかし、1億円貯めた後のことはちゃんと計画していますか? 1億円の資産 もっと読む

5000万円の資産運用とは?3つの投資タイプと運用方法8選
5000万円の資産運用とは?3つの投資タイプと運用方法8選

資本が多くなればなるほど投資の選択肢は増えます。5000万円の投資資金があるなら、100万円しか資本がないときには選択できなかった方法で資産を運用することが可能です。 すでに5000万円の資産をお持ち もっと読む

宝くじに高額当選したら資産運用はどうする?目的別おすすめの方法
宝くじに高額当選したら資産運用はどうする?目的別おすすめの方法

宝くじで数千万円や数億円の賞金が当たるなんて夢のようなことがあったら、何に使おうか迷ってしまいますよね。立派な家を建てたり、高級車を買ったりする人が多いのでしょうか。 しかし、大金を手にして人生が悪い もっと読む

NISAは「儲かる」のか?NISA利用でいくら差が出るかシミュレーション
NISAは「儲かる」のか?NISA利用でいくら差が出るかシミュレーション

投資で得られた利益には、約20パーセントの税金がかかります。これを非課税にできる制度としてNISAがあります。 NISAを使うと税金を納めなくて済むため、多くの利益を自分のものにすることができます。 もっと読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像