決定版!資産運用の勉強を適切に行って運用を成功させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用をやってみたいけれど、始めの一歩が踏み出せず、つい後回し……。

何から始めたらいいのか分からないと悩んでいませんか?でも大丈夫です。

投資で成功するために必要なのは、基本的な知識と、少額から練習していくことだけです。

この手順さえ守れば、大きな失敗のほとんどは防ぐことができるでしょう。

投資ビギナーさんのための、楽しみながらできる勉強法をまとめました。

今こそ、資産運用を始めてみませんか。

Contents

1、まずは資産運用する目的を明確にする


資産運用は、その目的を明確にして始めることが大切です。

目的をあいまいにしたままだと、自分にふさわしいリスクの取り方とかけ離れた投資をしてしまい、こんなはずではなかったと後悔してしまうことがあります

そうならないためには、「何のために」「いつまでに」「どれくらいの収益をめざすのか」そして、それを達成するために、どんなリスクを取るのかということについて、あらかじめよく考えて運用することが大切です。

資産運用の「目的」をはっきりさせるためには、5つのStepを踏んで考えてみるとよいでしょう。

ポイントは、できるだけ具体的にイメージすることです。

  1. どんな人生や生活をおくりたいのか書き出す(自分らしい暮らしをするために、どれくらいのお金が必要なのか明確にすることが重要です。)
  2. 今後、発生すると考えられる大きな支出を書き出す(結婚資金、住宅購入の頭金、車の買い替え、旅行、老後の生活費など思いつくまま書き出してみましょう。)
  3. 実現させたい時期を考える
  4. 具体的にいくら必要なのか書き出す
  5. 目標額を達成するために、どのようなリスクをとるか考える

例えば、27歳の人が40歳で住宅購入したいと考えたとします。

頭金などに800万円用意したいという目標ができました。

そのための運用資金として、現在400万円あるとすれば、13年で2倍になる運用が必要となります。

複利(※)で計算すると約5.5%の運用利回りが必要になります。

ここまで分かれば、それにふさわしい投資手法やリスクの取り方、必要な勉強は何かが明確になっていきます。

(※複利とは、利子にもまた利子がつくこと⇔単利)

2、資産運用の基本をおさえる


ひとくちに資産運用といっても、様々なタイプの投資対象があり、投資期間によっても手法が異なります。

まずは、それぞれの特徴を見て、共感できる、面白そうと思うものを見つけてみましょう。

その前に、投資対象(金融商品)について話す際に必ず出てくる「リスク」「リターン」とは何なのかを説明します。

【「リスク」と「リターン」の関係】

投資の世界では、リスク(値動きの幅の大きさ)が大きいほどリターン(利益)も大きくなり、リスクが小さいほどリターンも小さくなります。ローリスク・ハイリターンは、残念ながら存在しません

投資ビギナーさんは値動きが怖いという方が多いですが、お金を増やすためには「値動き」がチャンスになるのです。

ですので、ある程度は値動き(リスク)のある金融商品を選ぶことも必要になります。

ただし、事前の勉強と情報収集は必須です。

また、始めは少額から練習して慣れていくことも大事です。

リスク・リターンごとに、金融商品の特徴を挙げました。

(1)ローリスク・ローリターン

お金を貯める方法としては、徒歩でゴールへ向かうイメージになります。

転んでケガをすることもほとんどなく、とにかくゆっくり進むのが特徴です。

①定期預金

預貯金を投資というには違和感がありますが、ネット定期はチェックする価値があります

特にボーナスの時期は金利の上乗せがあることが多いです。

②個人向け国債

  • 国債とは、国が発行する債券のことです。個人向け国債は、通常の国債と違い価格変動がないため、定期預金の延長で投資している人が多い印象です。3,510年、固定金利と変動金利があります。
  • 購入後は、日本国債の格付けのニュースが出たらチェックをします。低くなったら注意が必要です。

③社債

  • 企業が発行する債券。国債より少し利率が高いことが多いです。
  • 格付けが低い企業の債券ほどリスクが高くなり、そのかわり利率も高めになります。

(2)ミドルリスク・ミドルリターン

先述のローリスク・ローリターンが徒歩なら、こちらは車のイメージです。

目的地まで早く行けますが、事故を起こさないためには、運転の勉強と練習をしっかりすることが重要になります。

①株(中長期投資)

  • 企業の株式を売買することを個別株投資や、株式投資といいます。
  • 時には2倍、10倍と大きく増えることもあるが、逆に大きく減ることもあります。
  • 購入後は、株価の動きに加え、投資した企業のニュースや決算発表をチェックしましょう。

②不動産

  • 不動産投資は、転売よりも家賃収入が目的の人が多い印象です。リタイア後の不労所得として考えられているようです。
  • 売りたいときにすぐ売れるわけではなく、流動性は低くなります。
  • 高利回りの良い物件を見つけるためには、ネット情報も含め、たくさん物件を見て目を肥えさせることが大事になります。不動産業者に全てお任せで大成功したという例は、あまり聞いたことがありませんので、その点注意が必要になります。

③投資信託

  • 株、債券、不動産など様々な投資対象がパッケージになった金融商品になります。
  • 老後資金として準備するなら、個人型確定拠出年金(iDeCo)など、税制面で優遇されている制度もあります。

(3)ハイリスク・ハイリターン

車で、かつ高速道路で目的地に行くイメージで、一般道路(ミドルリスク・ミドルリターン)に比べて高度な運転テクニックが必要になります。

①FX、株のデイトレード

  • レバレッジをかけることが一般的なため、うまくいけば短期間に大きく増やすことが、損失も短期間で大きくなることがあります。
  • 資金管理と精神的なタフさが必要となります。
  • チャート分析の勉強を徹底的にする必要があります

②仮想通貨

  • 最近は、ビットコインが飲食店など一般のお店の決済でも普及し始めてきたため、知名度が上がってきました。
  • 値動きがかなり激しく、1日に20%ほど動くこともあります。
  • まだ将来はどうなるのかわからない、未知数の通貨ですが、分散投資の一つとして考えましょう。
  • 土日でも取引できるため、休日にデイトレをやってみたいという人にはよいかもしれません。

(4)時間分散の重要性(ドルコスト平均法)

リスクを低減する方法に、「ドルコスト平均法」というものがあります。

主に、投資信託の積立投資に活用されます。

これは、一定の金額で定期的に買い付ける手法で、

  • 価格が高い時は少ししか買うことができない。
  • 価格が安い時にたくさん買うことができる。

となり、一括投資に比べて平均購入単価が低くなることが多いのがメリットです

3、資産運用で参考になる本で勉強する!初心者におすすめ書籍5選


投資の勉強は、まずは本で知識をつけることがおすすめです。

マネー本には大きく2種類あります。

1つ目は「基礎知識をまとめたガイド的な本」、2つ目は「著者の考えが反映された、実践的な運用方法が書かれた本」です。

ガイド的な本で基本を大きくとらえ、実践的な本の中から自分の投資スタイルに合うものを見つけていく、という使い方がよいでしょう。

(1)インベスターZ(三田 紀房:著、講談社)

中学生が主人公の、株式投資の学園漫画です。

これから始める初心者の方は、漫画が読みやすいでしょう

といっても、内容は濃く、しっかり作りこまれており、知識だけでなく、心構えや考え方も身につきます。

主人公と一緒に投資の世界を疑似体験してみましょう。

中級者以上でも、読めば新しい気づきがあります。

(2)藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?(藤野英人:著、CCCメディアハウス)

高い運用実績で多くの投資家から絶大な信頼を得ているカリスマ・ファンドマネジャーの藤野氏が、投資家ならではの世の中の見方、社会の見方を解説しています。

難しい話は一切なく、楽しく読みながら、株式投資家としての視点が身につく本。株の銘柄選びが面白くなること間違いなしです。

(3)投資家が「お金」よりも大切にしていること (藤野 英人:著、講談社)

「お金の本質とは何か」について、真面目に、わかりやすく、やさしい言葉で書かれています。

「カネの話は汚い、金儲け=悪だと思っている人は、世の中について何も知らないことを、自らさらけ出しているのかもしれませんよ」という藤野氏。

この考え方を理解して投資を始めると、ただのマネーゲームにならずにすむでしょう

(4)経済は感情で動く : はじめての行動経済学(マッテオ・モッテルリーニ :著、 泉 典子:翻訳、紀伊國屋書店)

行動経済学を-クイズ形式で楽しく学ぶことができ、投資でもビジネスでも役立つ内容が満載です。

人間の行動は感情によって左右され、必ずしも合理的行動では無いことが理解できます。

実際に投資をしてみた後に改めて読むと、実感とともに上達のヒントがあるでしょう

(5)世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (マイケル・ルイス:著、 東江一紀:翻訳、文春文庫)

2008年のリーマンショックやサブプライムローンの裏話が、興味深く、わかりやすく理解できます。

ただ、金融の専門用語も多く出てくるので、中級者向きです。

初心者さんは、本書が原作の映画「マネーショート」を先に見るとよいかもしれません

4、ブログで勉強する!資産運用におすすめのブログ5選

最初にご紹介するお二人は、金融業界では有名な専門家です。

経済で何かのニュースがあったとき、「あの人はどう考えているのだろう」と、プロの見解を読むことができ、とても勉強になります。

(1)評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳」

http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime

経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、株式会社マイベンチマーク代表(投資と投資教育のコンサルティング会社)を兼任される山崎元氏のブログ。

経済情報、投資商品、投資方法などについて、独自の視点での解説は、くの投資家が参考にしています

(2)「豊島逸夫の手帖」

http://gold.mmc.co.jp/toshima_t/index.html

2011年までワールド ゴールド カウンシル(WGC)日本代表を務めた、金(ゴールド)についての第一人者である豊島逸夫氏のブログ。金に限らず、世界経済のトピックをわかりやすく解説してくれます。

ここから(③~)は、経済動向にはあまり左右されず、インデックス投資や株主優待など、特定の分野が深く掘り下げられているブログです。

(3)カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!

http://tohshi.blog61.fc2.com/

FP、インデックス投資アドバイザーのカン・チュンド氏のブログです。

インデックス・ETFの話題を中心に、投資の考え方なども書かれています。

(4)怠け者の20代が投資やってみたブログ

http://20sinvest.com/

20代後半、東京在住の男性が、投資信託、不動産投資など幅広く資産運用をしている内容をリアルに書かれているブログです。

不労所得や副業についても書かれています

こういう生き方もアリなんだなと、楽しく読めるブログです。

(5)毎日優待三昧2

https://ameblo.jp/yuutaizanmai/

株主優待が大好きで多くの株を保有しているブログ主さんが、銘柄ごとに優待の内容や感想などを記録として書かれているブログです。

株主優待の楽しさが伝わってくるブログです。

5、資産運用セミナーの探し方


本で資産運用の基礎が理解出来たら、金融機関などが行っている無料のマネーセミナーに行ってみましょう。

ただし、高額の有料セミナーにいきなり行くことは、おすすめしません。

有料セミナーは特定の投資手法を教える内容のものが多いので、自分の投資スタイルが定まってから、より深く学ぶために行くのがおすすめです

まずは無料セミナーで、時間の許す限り、色々な講師の話を聞いてみるといいです。

無料といっても、内容が良く、聞く価値のあるものも多いです。

注意点は、セミナー後に自社が販売したい金融商品に有利な話しかしない場合もあるので、全てを鵜呑みにしないことです。

以下に挙げる団体が主催するセミナーは、中立的で、安心して聞けるものが多いので、スケジュールがあえば、積極的に参加してみましょう。

まとめ

投資デビューする前に少しの勉強をしておくだけで、大きな失敗をする可能性はかなり低くなります。

小さな失敗はあるでしょうが、そこから学ぶことも多いでしょう。

あとは、その都度、必要な情報を得ていけば大丈夫です。そして、成功体験も増えてくると思います。

自分にピッタリな投資スタイルをみつけて、素敵なマネーライフを送りましょう!

関連記事
人生は年齢を重ねるにつれて、ライフスタイ
40代は仕事とプライベートの両方で忙しく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加