貯金3000万円はどう運用すべき?セミリタイア可能?おすすめの運用方法

「3,000万円を資産運用で安定的に増やして老後に備えたい。」

あなたは今そうお考えではないですか?

老後資金として最低3,000万円必要というのは、マネー雑誌などでもよく見かけるフレーズです。では子どもの教育費や住宅ローン返済の目処もついた場合、貯蓄も3,000万円あれば老後は安心でしょうか。

それはあなた次第です。

年金の支給額が減ってきているというのは事実ですが、会社員で現役時代にそれなりの収入があった方で企業年金などもあれば、一般的なサラリーマンの給料よりも年金が多いことはざらにあります。それでも老後にお金か足りなくなる人が後を絶たないのです。

それはなぜでしょうか。答えは、単純に入ってくるお金よりも出ていくお金が多いからです。
「老後にお金が足りない」ということを避けるためには、資産運用をすることが1つの方法です。

今回の記事をお読みいただければ3,000万円を適切に資産運用する方法が分かります。また、リスクを最小化する資産運用のやり方も分かります。

あなたの安定した老後をむかえるためのご参考になれば幸いです。

国内おすすめ資産運用ランキング

3,000万円を資産運用すべき理由は?

収入源を確保するため、あるいは貯蓄を増やしていくためにはどうしたらいいのでしょうか。

その方法のひとつが資産運用です。

先ほどもお伝えした通り、3,000万円のキャッシュをなにもせず使っていけば、いずれなくなってしまいます。

では、かなりハイリターンですが、仮に年10%で運用できたらどうでしょう。3,000万円は1年後には3,300万円になります。ここから300万円使ったとしても、3,000万円はそのまま手元に残ります。

なにもせず300万円を使えば、残りは2,700万円です。これを10年続けると、資産運用を続けた方は3,000万円がそのまま残りますが、なにもしなかった方には何も残りません。

では退職まで10年ある方が、上記のように毎年300万円使うことはせず、10年間複利で資産運用を続けた場合はどうでしょうか。

まず1年後には3,300万円に増えます。

それをまた年10%で運用して1年後には3,630万円、これを10年間続けると約7,781万円になります。3,000万円が2.5倍以上に増えました。

このように資産運用をするとしないでは、大きな違いが生まれます

3,000万円を資産運用する目的は?

資産運用する目的は、利益を得て資産を増やすことです。そして、どのくらい利益(=リターン)が得られるかは、どのくらいリスクをとるかによって左右されます。

このリスクという言葉は「危険」という意味でも使われますが、投資においてリスクは「予想通りにならない可能性」や「結果のばらつき」を意味します

そのため「リスクが高い(ハイリスク)」とは予想通りにならない可能性が高いことを言い、これには予想以上に損することだけでなく、予想以上に儲かることも含まれています。つまりリスクが大きいほど、大きな利益が出る可能性があるのです。

そのため運用を行う際には、大きなリスクを覚悟して大きな利益を求めるのか(ハイリスクハイリターン)、リスクを抑えて少しずつでも確実に増やしていきたいのか(ローリスクローリターン)、目的と目標を明確にしなければなりません。

またどちらかに傾くことなく、ほどほどのリスクでほどほどのリターンを得ることを目指す(ミドルリスク・ミドルリターン)というのも選択肢のひとつです。

それぞれのリスクとリターンに対応する投資対象としては、以下のようなものがあります。

投資方法 リターン リスク 投資対象商品
ローリスクローリターン 元本保証 定期預金
個人向け国債
個人型確定拠出年金(iDeCo)
ミドルリスクミドルリターン 元本割れ 株式
投資信託・ETF
REIT(不動産投信)
ハイリスクハイリターン 元本以上の損失 FX
信用・先物取引

老後に備えるということに重点をおけば、資産運用の目的は、収入源を確保し、貯蓄を減らさないということになるでしょう。

資産を増やすことが目標となりますが、資産を減らさないということも大切なポイントです。

特に老後には収入が減少するため、資産運用の損失を収入でカバーするということが難しくなります。また元手が減ってしまうと同じ利回りで運用したとしても、得られる利益の金額は減ってしまいます。

年間100万円の利益を得ることを考えた場合、元手が1,000万円であればリスクをとって年10%で運用する必要がありますが、元手が3,000万円であれば年3%ほどの運用で十分な金銭的リターンがあります。

つまり運用できる資金が多ければ、その分リスクを抑えながら同じ利益を得ることができるのです
これらのポイントをふまえれば、3,000万円というまとまったお金を老後に備えて運用していくのであれば、ミドルリスク・ミドルリターンの運用を基本に考えることがいいと言えます。

3,000万円の運用でセミリタイアは可能?

3,000万円の貯金があればセミリタイアできるのか、シミュレーションして確認していきましょう。50歳でセミリタイアして、年金受給年齢の65歳まで月20万円または10万円ずつ取り崩していく場合、貯金の減り方は以下の表のようになります。

3,000万円を取り崩していく場合のシミュレーション

取り崩す金額
年齢 月20万円 月10万円
50歳 3,000万円 3,000万円
51歳 2,760万円 2,880万円
52歳 2,520万円 2,760万円
53歳 2,280万円 2,640万円
54歳 2,040万円 2,520万円
55歳 1,800万円 2,400万円
56歳 1,560万円 2,280万円
57歳 1,320万円 2,160万円
58歳 1,080万円 2,040万円
59歳 840万円 1,920万円
60歳 600万円 1,800万円
61歳 360万円 1,680万円
62歳 120万円 1,560万円
63歳 -120万円 1,440万円
64歳 -360万円 1,320万円
65歳 -600万円 1,200万円

1ヶ月あたり20万円ずつ取り崩していると、63歳までに3,000万円を使い切ってマイナスに突入してしまいます。そもそも65歳以降には突発的な医療費などの支出が考えられるため、年金を当てにして貯金を使い切る計画は適切とは言えません。

1ヶ月あたり10万円ずつの取り崩しであれば、65歳を迎えた年で1,200万円の貯金が残ります。しかし、家賃や保険料、年金などの支払いもあるため、1ヶ月10万円で生活するのは不可能な方が多いでしょう。

 

つまり、3,000万円の貯金だけでセミリタイア後の生計を立てることは難しいです。しかも、このシミュレーションでは50歳でのセミリタイアを想定しましたが、より若い方であればもっと大きな貯金が必要になります。

したがって、3,000万円の貯金を取り崩すのは最小限にして、他に収入を得なければ生活できません。ストレスや負担が少ない仕事にも少し取り組んだり、3,000万円を元手に資産運用したりして、お金を増やす努力が必要です。

3,000万円を運用する際の注意点

投資のポートフォリオ

3,000万円の貯金があるなら、資産運用を始めて資産をより大きく増やすのがおすすめです。しかし、投資は元本が保証されておらず、失敗して損失が生じるリスクもあります。よって、資産運用を始める前に注意点を理解しておきましょう。

ここでご紹介する注意点を押さえておけば、大きな失敗はしにくくなります。失敗するリスクを下げて成功する確率を高めるためにも、3,000万円を運用する際の注意点を学んでいきましょう。

コアサテライト戦略でリスクをコントロールする

投資におけるリスクとリターンは比例するため、利回りを追求すれば大きなリスクを取ることになり、リスクを下げることを優先すれば利回りは諦めなければならなくなります。そうならないよう、ローリスク・ミドルリスク・ハイリスクの商品にバランス良く投資をして、リスクを抑えながら利回りを高めるのがおすすめです。

「コアサテライト戦略」はこうした考え方を理論化したものです。コアサテライト戦略とは、リスクを低く抑えた守りの運用をコア(基礎)として、ハイリスク・ハイリターンで高い利回りを狙う運用をサテライトとして付け加える運用方法です。
 

3,000万円をコアサテライト戦略で運用すると、コアの部分は大きなリスクを取らないので、3,000万円が大きく減ってしまう可能性は下げられます。コア部分だけだと利回りが物足りないので、サテライト部分ではリスクを取り、利回りも追求できるのです。

コアとサテライトをどのような割合にするのが最適かは人によって異なりますが、コアを8~9割、サテライトを1~2割とすることが多いです。この記事ではリスクの大きさごとに投資商品を紹介するので、コアとサテライトの運用をどの商品で行うのかイメージしていきましょう。

投資先を分散させる

投資する商品を幅広く分散させることで、低リスクの運用が可能になります。ある投資先の収益性が悪化しても、他の投資先の利益で補えるからです。

例えば、一つの投資先に3,000万円を投資した場合、その投資先の業績悪化や破綻などがあって元本が返金されなくなったら、3,000万円は0円になってしまいます。しかし、10個の投資先に3,000万円を300万円ずつ分けて投資した場合、一つの投資先が破綻しても、損失は300万円に留まります。残った投資先9個の利益で300万円の損失を穴埋めできる可能性もあります。

このように、投資先を分散させると大きな損失を被るリスクが小さくなります。分散させるほど効果が高いですが、あまり銘柄数が多くなると管理が大変なので、10~20個程度の銘柄に分散すると良いでしょう。

購入タイミングを分散させる

購入するタイミングを分散すると、高値掴みのリスクが低くなるので、結果として大きな損をしにくくなります。

株式のように日々価格が変動する商品の場合、できる限り安く買うのが投資で成功するためのポイントです。しかし、未来の相場は誰にもわからないので、安いと思って購入したときが最高値だったということもあり得ます。

 

3,000万円分の商品を一度に購入したときが最高値で、その後は相場が下がってしまったら、再び最高値に価格が戻ってくるまで損失を抱えることになってしまいます。

このような失敗を避けるには、購入するタイミングを分散させるのが最適です。一度に3,000万円分の商品を買い付けるのではなく、1ヶ月に一度300万円分購入し、10ヶ月に分散させるなど工夫をしましょう。

3,000万円のおすすめ運用方法:ローリスク

コツコツと資産を増やしていく方法

ここからは、3,000万円を運用するのにおすすめの投資商品を紹介していきます。ローリスク・ミドルリスク・ハイリスクとリスクの大きさ別に分けるので、ローリスクとミドルリスクの投資方法でコアを、必要であればハイリスクでサテライトを固めていきましょう。

まずはローリスクな投資方法として、以下の3つを紹介していきます。

  • 投資信託
  • 個人向け国債
  • 社債

投資信託

投資信託は、投資会社のプロに運用を任せられる商品です。インデックス型の投資信託は市場の平均並みの運用パフォーマンスを目指すため、平均より大きな利益を期待することはできませんが、平均より大きな損失を被るリスクが低いというローリスク・ローリターンの商品です。

投資信託のメリットは、プロに運用を任せられる点です。忙しい人にとっては、投資における銘柄選びや実際の売買などは煩わしい手間になってしまいます。こうした作業をすべてプロに任せられるので、投資に時間を割けない人にもおすすめです。

 

デメリットとしては、プロに任せるために手数料がかかることが挙げられます。購入時手数料や信託財産留保額(解約時にかかる手数料)のみならず、運用期間中はずっと支払い続ける信託報酬もあります。特に信託報酬が大きいと長期の運用で手数料がかさんでしまうので、信託報酬の大きさに気を付けて商品を選びましょう。

個人向け国債

国債とは、国が資金調達のために発行する債券です。国債は満期が決まっている商品で、満期までの間は利息を得られ、満期が来たら元本が返金されます。個人向け国債は、個人の投資家が購入できる国債のことです。

国債のメリットは、日本国債であれば元本保証であることです。財務省が公表しているとおり、個人向け国債は元本割れしないので、元本割れするリスクにさらしたくない資産の運用に最適です。

 

しかし、金利が0.05パーセント程度と非常に低く、わざわざ国債で運用する利点が大きいとまでは言えません。3,000万円のうち、元本割れを避けたい必要資金は国債で運用するのがおすすめですが、余剰資金でリスクを取れる部分は他の方法で運用していきましょう。

社債

社債とは、企業が資金調達のために発行する債券です。ミドルリスクの項目で解説する株式投資とよく似ていますが、株式投資よりも低リスクであるメリットがあります。

社債は運用期間が決まっており、満期が来たら企業は投資家に元本を返済しなければなりません。返済義務のない出資金である株式投資と比べると、社債は企業の借金で返済義務があるためリスクが低いと言えるのです。

デメリットとしては、株式よりも利回りが低いことが挙げられます。3,000万円すべてを社債に投資するのではなく、株式などリスク性の資産も取り入れて利回りを上げると良いでしょう。

3000万円のおすすめ運用方法:ミドルリスク

資産を大きく増やしていく方法

ローリスク・ローリターンの商品だけだと、リスクは下げられますが、収益性が物足りないと感じる方も多いでしょう。ミドルリスク・ミドルリターンの商品もコアサテライト戦略のコアに取り入れると、収益性を高めることができます

3,000万円を運用するのにおすすめなのは、以下の3つの商品です。

  • 株式投資
  • 不動産投資
  • ヘッジファンド

株式投資

株式は、企業が資金調達のために発行する証券です。社債と違って満期がなく、保有している間は分配金や株主優待をもらえます。値上がりしたら売却し、利益を得ることもできます。

株式投資のメリットは、一部の企業では分配金に加えて株主優待をもらえることです。企業の自社製品や割引券をもらえるので、生活費の節約にも役立ちます。

 

億円単位で投資している人の中には、株主優待でもらった食品だけで生活できる人もいるほどです。セミリタイアした人にとっては見逃せないメリットでしょう。

株式投資のデメリットは、社債と違って企業に返済義務がないことです。業績悪化や不祥事によって企業が倒産することがありますが、株式の購入にかかった元本は返済されない可能性があります。将来有望な企業を見極めて投資しなければならず、初心者には少し難しいかもしれません。

不動産投資

不動産投資とは、マンションやアパートを購入して他人に貸し出し、家賃を得る投資方法です。購入時よりも不動産の価格が上がれば、売却して利益を得ることもできます。

不動産投資のメリットは、自己資金よりも価値が大きい不動産を手に入れられることです。一般的には数千万円から数億円といった不動産を購入しますが、ローンを組むため自己資金は数百万円など少額で大きな資産を手に入れられます。

デメリットとしては、空室リスクが挙げられます。せっかく不動産を購入しても入居希望者がいなければ家賃収入は得られないので、需要のあるエリア・物件を選ぶ必要があります。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは、投資会社のプロに資産運用を任せられる商品です。投資信託と似ていますが、より自由度の高い運用ができるため、高い利回りを狙える商品です。

ヘッジファンドのメリットは利回りの高さで、年利10パーセントや20パーセントを達成するファンドもあります。例えば、ヘッジファンド会社のJapan Act合同会社は、アクティビスト投資で年間約30パーセントを達成したことがあります。上場企業に投資して株主の立場からアクティビストとして経営に提言を行うことで、企業価値の向上に貢献して高い利回りを実現しているのです。

Japan Act

このように、各社が工夫して高い利回りを出すのがヘッジファンドのメリットですが、最低投資額が1,000万円以上と高いことがデメリットとして挙げられます。Japan Act合同会社は500万円から始めて投資額を増やしていくことも可能なので、3,000万円以上の資産がある方も、こうした柔軟な対応をしてくれる会社で投資を始めた方が良いでしょう。

3,000万円のおすすめ運用方法:ハイリスク

資産運用方法に関する打ち合わせ

最後に、リスクの高い投資方法を解説していきます。大きな損をするリスクもあるので、基本的にはローリスク・ミドルリスクの商品で運用し、どうしても利回りを追求したい人のみ、以下の方法にもチャレンジすると良いでしょう。

  • FX
  • 仮想通貨(暗号資産)
  • 先物取引

FX

FXは、為替変動を利用して稼ぐ運用方法です。例えば、1ドル=100円のときにドルを買い、1ドル=110円のときに日本円に戻せば、日本円では利益が出ます。

FXはレバレッジをかけられるため、本来必要な金額よりも少ない資金で大きなポジションを保有できます。そのため、利益が大きくなるメリットがある一方、損失も大きくなるデメリットがあるのです。

FXに挑戦するなら、レバレッジは1倍(=レバレッジなし)と低い設定からチャレンジしましょう。最大25倍までかけられますが、いきなり25倍で挑戦すると大損する可能性が高いです。

仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)も、通貨のレートの変動を利用して稼ぐ運用方法です。価格が低いコインを買い、価格が上昇してから売却すると、差額が利益となります。

仮想通貨は相場の変動が大きいため、短期間で大きな利益を出せるメリットがあります。ただし、短期間で大きな損失を被るリスクがあるというデメリットもあります。

また、FXと同様にレバレッジをかけすぎて失敗する事例もあります。FXよりも価格変動が激しいので、仮想通貨はFXよりハイリスク・ハイリターンであるとお考えください。

先物取引

先物取引とは、ある商品を将来の決められた日(期日)に、取引の時点で決めた価格で売買することを約束する取引です。

商品を買う人から見ると、約束した価格が期日時点の取引価格より安ければ利益が出ます。商品を売る人から見ると、約束した価格が期日時点の取引価格よりも高ければ利益が出る商品です。あらかじめ価格を約束して売買できるので、先物取引は基本的にはリスクヘッジの手段として使われます。

 

先物取引がハイリスク・ハイリターンなのも、レバレッジが効かせられるからです。1,000倍のレバレッジを効かせられることもあり、非常に大きな利益を狙えるメリットがある一方、損失が生じたら元本以上の損失になるリスクも大きいデメリットがあります。

非常にリスクが高い運用方法なので、レバレッジをかけすぎないように取引しましょう。

3,000万円の資産運用を自力でやるか?それともプロに任せるか?

3,000万円の資産は、運用をだれがするのか、その方法によってリスクもリターンも違ってきます。

おすすめの資産運用を読んでいただく前に、運用を誰がするのがいいのかについて考えてみたいと思います。

自力で3,000万円を運用する

株式投資やFX、先物取引など自力で3,000万円の資産運用に挑みます。

全て自分の腕次第です。

毎日世界経済の動向から企業の決算発表まで、土日も世界は動いていますので

気を抜くことができません。

でも成功したときは、誰かに頼んた時の手数料を支払うこともなく、自分の利益になります。そこがメリットです。

しかしリスクとリターンをバランス良く考えたポートフォリオを作成することは、容易なことではありません。かなりの労力が必要になるでしょう。

そこが注意するポイントになります。

金融機関や専門家の指導を受け、力を借りる

投資信託やREITなどの投資は、専門家の助言や力を借りて運用することになります。

手数料はもちろん支払うことになりますが、すべて自力で運用するより時間も労力もかからなくなります。

リスクとリターンのバランスについても専門家に相談でき、良いポートフォリオを作成のお手伝いをしてもらえるでしょう。

すべてプロにお任せ

ヘッジファンドや投資会社、今はラップ口座に人気があるようです。

コストの面では1番コストがかかる投資法になりますが、自力での労力や時間、常に一喜一憂するストレスを考えるとプロにおまかせすることも良いでしょう。

プロは、たくさんの情報をもとに大きな資金を動かします。

しっかりとしたバランス感覚で、さまざまな投資を行います。

1度そんなプロの運用の世界を知るためにも、勉強のつもりでおまかせするのも良いかもしれません。

まとめ

最後に今回のポイントをまとめていきます。

  • 運用資金が3,000万円あれば、大きなリスクを取らなくとも運用を行うことである程度の運用成果が期待できるため、まずは運用を始めることが大切
  • 資産運用の目的にあったリスク・リターンの運用商品を選択する
  • リスクを軽減し、より高いリターンを得るには、資産の分散・時間の分散を行うことが大切

今回の内容が安定した資産運用のためのご参考になれば幸いです。

関連記事

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像