ワールドカップ開催の恩恵が期待できる銘柄15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会は、“半端ない”強さをみせたフランスの優勝で幕を閉じました。

今回のワールドカップで日本は、コロンビアとの初戦から劇的な勝利を収めたのを皮切りに、連日大いに盛り上がりました。

この記事では、今回のロシア大会を振り返りながら、次回2022年カタール大会に向け、今から注目しておきたいワールドカップ関連銘柄についてみていくことにしましょう。

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像

1、コロンビアに劇的勝利!ワールドカップ・ロシア大会を振り返る

日本は初戦、格上のコロンビアに2-1で勝利を収めます。

しかし、その後のセネガル戦は2-2のドロー、ポーランドには0-1と厳しい戦いとなりました。

ポーランド戦では、負けている状況の中で、ボールキープによって失点を避ける作戦をとり、他力での突破を選択したことには、一部では批判の声もありました。

しかし、不本意ともいえるシビアな決断が功を奏し、2010年大会以来通算3度目となるセカンドステージへ進出することができました。

セネガルとは勝点、得失点、総得点まで並び、警告などのフェアプレーポイントの差で上回るという、これまでに例のない接戦となったことも話題となりました。

(1)【グループステージ グループH試合結果】

第1節(2018年6月19日)コロンビア 1-2 日本

第2節(2018年6月24日)日本 2-2 セネガル

第3節(2018年6月28日)日本 0-1 ポーランド

セカンドステージ・ベルギー戦では、前半0-0で折り返した後半、48分に原口選手、52分には乾選手が相次いでゴールを決め、強豪ベルギーを2-0でリードする展開となります。

しかし、やはりベルギー。71分に1点を返すと、73分には2点目。

両チームの攻防が続き、延長戦かと思われたアディショナルタイム、最後はカウンター攻撃からシャドリ選手が決勝ゴールを決め、2-3で日本はセカンドステージ1回戦・ベスト16に終わりました。

(2)【ノックアウトステージ ラウンド16】

ベルギー 3-2 日本

日本を破ったベルギーは3位、優勝はフランスという結果となっています。

(出所:JFA

2、ワールドカップ開催で株価に影響のあるスポンサー企業は?

ワールドカップでは、スポンサーとなる企業にも注目が集まります。

サッカー日本代表(JFA)のスポンサーとなっている企業は以下のような企業です。

(1)オフィシャルパートナー【キリンHD】

「SAMURAI BLUE(日本代表)」、「なでしこジャパン(日本女子代表)」をはじめ、U-23以下各年代の日本代表のほか、フットサル、ビーチサッカーなど、全カテゴリーのサッカー日本代表を支援する最上位スポンサーカテゴリーです。

1978年からキリングループ(キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、キリン株式会社)が務めています。

(2503)キリンHD 株価
(2018/7/25 終値)
2,998円
国内シェア2位のビール会社。各種飲料のほか、医薬品なども手がける。1978年からサッカー日本代表を支援している。

(2)オフィシャルサプライヤー

オフィシャルパートナーと並ぶ、日本代表チームの最上位スポンサーとして、1999年からアディダス・ジャパン株式会社(非上場)が務めています。

(3)サポーティングカンパニー

最大10社で構成される、サッカー日本代表の公式スポンサー。2018年7月時点、以下の8社が務めています。

  • 株式会社朝日新聞社(非上場)
  • 株式会社クレディセゾン
  • 株式会社ファミリーマート
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
  • 大東建託株式会社
  • KDDI株式会社

①クレディセゾン

8253)クレディセゾン 株価
(2018/7/25 終値) 1,727円
セゾンカードを発行する、国内流通系首位のクレジットカード会社。

②ユニー・ファミリーマートHD

(8028)ユニー・ファミリーマートHD 株価
(2018/7/25 終値) 10,450円
伊藤忠系のコンビニ大手ファミリーマートを展開している。中京圏を中心に総合スーパーやコンビニ・サークルKを展開するユニーグループと経営統合。

③日本航空

(9201)日本航空 株価
(2018/7/25 終値) 4,191円
一度は破綻状態に陥っものの、公的資金や大規模なリストラなどにより、再上場を果たす。国内線・国際線とも国内2位だが、シェアはANAとほぼ二分。

④みずほフィナンシャルグループ

(8411)みずほフィナンシャルグループ 株価
(2018/7/25 終値) 195.4円
旧富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行を前身とする、メガバンク。規模では三菱UFJ銀行に次ぐ2位。銀行・信託・証券の連携を推進している。

⑤MS&ADインシュアランスグループ

(8725)MS&ADインシュアランスグループ 株価
(2018/7/25 終値) 3,427円
三井住友海上火災、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上あいおい生命などを傘下に持つ、大手損保グループ。アジアを中心に海外にも積極的に展開している。

⑥大東建託

(1878)大東建託 株価
(2018/7/25 終値) 18,180円
地主に賃貸住宅の建設による土地活用などを提案し、その後の入居者斡旋や管理・運営までを一貫して行う、賃貸経営受託システムを中心に、不動産事業を展開している。

⑦KDDI

(9433)KDDI 株価
(2018/7/25 終値) 3,126円
auブランドを展開する三大キャリアの一角で、携帯電話事業や光回線事業などを手がける。銀行や保険など非通信事業にも積極的に参入している。

 

3、次回開催国・カタールはどんな国?

4年に1度開催されるワールドカップは、次回は2022年・カタールで開催予定です。

カタール(Qatar・カタール国)は、ペルシャ湾に面したアラビア半島に位置する中東の国です。

首都はドーハ。

そう、1993年ワールドカップアジア最終予選、日本がワールドカップ初出場を目前に、ロスタイムの同点ゴールでその切符を逃した「ドーハの悲劇」の舞台となった場所です。

人口は約267万人(2017年4月/カタール開発計画・統計省)、その9割近くは外国人労働者が占め、カタール国籍を持つカタール人は約25万~30万人程度しかいません。

面積も秋田県よりも狭い小国ですが、油田やガス田が存在し、豊富なオイルマネーによって、世界で最も裕福な国ともいわれていました。

公用語はアラビア語、宗教は半数以上がイスラム教を信仰しています。

40℃に迫る夏の暑さも、試合に影響してくると思われます。

また日本との時差は6時間です。

今回のロシア大会では、会場により時差が4〜7時間ありましたが、それと同じくらいの時差となります。

そのため試合時間は深夜帯となると想定されるため、日本での観戦は寝不足を覚悟しておくことになりそうです。

4、2022年カタール大会でも注目の銘柄

ワールドカップでは、さまざまな企業に恩恵をもたらすことが期待されます。

先の「スポンサー企業」に加え、「スポーツ用品関連」「広告代理店」「テレビ局」「飲料・アルコール関連」などが関連銘柄となります。

また意外な銘柄にも、“思惑”で買いが入ることもあります。

そのような銘柄も含め、注目しておきたい関連銘柄をピックアップしました。

(1)コナミHD

(9766)コナミHD 株価
(2018/7/25 終値) 5,320円
大手ゲーム会社で、サッカーゲームの王道「ウイニングイレブン」を手掛けるほか、スポーツクラブも展開する。

(2)クリップコーポレーション

(4705)クリップコーポレーション 株価
(2018/7/25 終値) 923円
小・中学生向けに学習塾と、幼児〜小学低学年向けサッカー教室を展開する。ワールドカップをきっかけにサッカーを始める子どもも多い。

(3)ハブ

(3030)ハブ 株価
(2018/7/25 終値) 1,066円
英国風パブ「HUB」を展開する。ワールドカップ開催時にはパブリックビューイングを行う。今回のロシア大会でも売上増加の恩恵を受けており、次回大会にも期待がもてる。

(4)アサヒグループHD

(2502)アサヒグループHD 株価
(2018/7/25 終値) 5,527円
ビール国内シェアトップの総合酒類・飲料メーカー。サッカー観戦に伴うアルコール需要の高まりによる恩恵が期待されます。

(5)サッポロHD

(2501)サッポロHD 株価
(2018/7/25 終値) 2,701円
ビール国内4位の酒類・飲料メーカー。サッカー観戦に伴うアルコール需要の高まりによる恩恵が期待されます。

(6)カルビー

(2229)カルビー 株価
(2018/7/25 終値) 3,960円
「ポテトチップス」などを製造・販売するスナック菓子最大手メーカー。サッカー観戦でお酒を飲むなら、簡単につまめるおつまみも!そのような需要の高まりを期待。

(7)ハウス食品グループ

(2810)ハウス食品グループ 株価
(2018/7/25 終値) 3,620円
カレールーの国内トップシェアを誇る食品メーカー。眠気覚し飲料「メガシャキ」も販売しています。深夜の観戦となるであろう次回大会でも、眠気覚し飲料の活躍を見越した思惑買いも期待されます。そのほか「眠眠打破」のノエビアHD(4928)、「リボビタンD」の大正薬品HD(4581)、「モンスターエナジー」のアサヒグループHD(2502)なども。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワールドカップは、「スポンサー企業」をはじめ、「スポーツ用品関連」「広告代理店」「テレビ局」「飲料・アルコール関連」など、さまざまな銘柄を動かします。

このような“イベント”に関連した銘柄は、本命とされる銘柄のほか、意外な“大穴”銘柄が思惑で買われることもあります。

イベントが企業にどんな経済効果をもたらすのでしょうか。

それを考えながら銘柄を探すのも、イベント関連銘柄の楽しみといえるでしょう。

日本代表が勝ち進み、大会が盛り上がるほど大きな効果が期待できるため、応援にもより熱が入ってしまうかもしれませんね。

関連記事
現在テレビ朝日系列で放送が始まったドラマ
今年もお盆の季節がやってきます。 この時
好調な企業業績や政府の3%の賃上げ要請な

証券会社、生損保代理店での勤務を経てファイナンシャルプランナーとして独立。

(保有資格)1級FP技能士・証券外務員一種
(試験合格)宅建士・行政書士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加