オススメ株ゲーム9選と実戦に活かす3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株取引を始めたいと思っている方のために、まずはゲーム感覚で取引をしてみる。
そんな体験ができれば役に立つと思いませんか。

すでに株取引をされている方も、取引のタイミングや流れをつかむことで、実践に入っても良いパフォーマンスを上げることができると思います。

株取引はうまくいけば大きな収益を得ることができますが、その反面損をしてしまう可能性もあります。

そんなリスクを覚悟しても、株取引に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、まずはバーチャル株式投資ゲームの体験をオススメします。

今回は、かなり専門的なものから初心者で楽しめるものまで取り上げました。

限りなく現実に近い株取引を体験できるので、是非お試しください。

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像

1、 株取引を始める前にゲームで学ぼう

株取引を始めるにあたって、勉強しなければいけないことがたくさんあります。

市場の仕組み、株の売買方法、金融用語などです。

ここまでは株取引に参加するための基本の一歩目ですが、さらに利益を狙っていくためにはファンダメンタル分析、テクニカル分析などの戦略も必要になってきます。

もちろん、本を読んだりインターネットで調べたりすることも有効ですが、最も効率の良い勉強方法は「実際に株取引をやってみること」です。

習うより慣れろ」ということわざが存在するように、株取引もまずはやりながら覚えていくのが近道です。

しかし、何も知らない初心者がいきなり株取引をはじめて勝てる確率はそう高くはないでしょう。

運が悪かったり勉強が不十分だったりすると、いきなり損失を出してしまうこともあります。

そこで、実際に株取引を始める前にバーチャル株式投資ゲームで楽しみながら勉強をするとよいでしょう。

実際の株取引を想定したバーチャルゲームならば、損失を気にせずに勉強することができます。

2、バーチャル株式投資ゲームのメリット・デメリット

バーチャル株式投資ゲームにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

(1)バーチャル株式投資ゲームのメリット

①気軽に株式投資を体験できる

ゲームなので無料で遊ぶことができます。

無料でトヨタやソニーなどの日本を代表する会社の株を取引することができるので、リアルな勉強にもなります。

また、株式投資の勉強の近道は「実際にやってみること」ですので、リスクをとらずに株式投資を体験できることはバーチャル株式投資ゲームの大きなメリットです。

②自分の投資戦略の有効性を確かめることができる

実はバーチャル株式投資ゲームは投資初心者だけでなく、上級者にとっても重要です。

株式投資に慣れてくると、利益を出すために様々な戦略を考える必要が出てきます。

移動平均線から値動きを予測したり、経済指標からテクニカル分析を行って利益の最大化を図ります。

バーチャル株式投資ゲームならば、リスクを取らずに自分の戦略を試すことができるので、練習の場にはうってつけです。

(2)バーチャル株式投資ゲームのデメリット

① 緊張感がない

最大のメリットである「リスクをとらずに投資ができる」ことがデメリットにもなりえます。

ゲーム内で損をしても得をしても、現実の自分の資産には影響がありません。

ですので、緊張感が生まれずに慎重な取引ができなくなってしまう可能性があります。

②ゲーム内の資産が多すぎる

ゲームですので仕方ありませんが、ゲーム内の自分の資産はかなり多く設定されています。

それこそ、現実ではそうありえない何千万円から何億円といった莫大な資産を運用します。

現実世界だとサラリーマンであればせいぜい何十万〜何千万円を投資することが多いので、ゲームと現実のギャップが大きくなってしまい、ゲームでの戦略が現実では通用しない可能性があります。

3、バーチャル株式投資ゲームで投資力をつける方法

では、どのようにバーチャル株式投資ゲームを活用していけばよいのでしょうか。

(1)自分のお金のように取引をする

練習をする際に最も大切なことは「練習を本番のように、本番を練習のように」することです。

株式投資でも同じです。

ゲームとはいえ、資産が減ったら危機感を感じるようにしましょう。

いずれのバーチャルゲームにも資産推移機能は用意されているので、こまめに利益と損失の確認をしましょう。

(2)現実の株価とリンクしているゲームを選ぶ

できるだけゲーム内の銘柄の株価が現実世界の株価とリンクしているものがよいです。

株価は決してランダムな値動きではなく、企業業績はもちろん世界経済や為替など多くの要素から決まります。

ゲームによっては現実の株価に準拠して(20分遅れなど)株価が決まる方式を採用しているところもあるので、そのようなゲームで練習すると良いでしょう。

ゲーム内の閉じた世界だけでなく、よりリアルな株式投資を勉強することが大切です。

(3)取引の記録を残すクセをつける

ゲーム内で自分が取引した株や、そのときの利益と損失を記録する習慣をつけましょう。

エクセルやスプレッドシートが記録しやすいです。

買った株や売った株はもちろん、「なぜその株を取引したのか」という根拠も合わせて記録すると良いでしょう。

株式投資では「同じ失敗を繰り返さない」ことが何より大切です。

昔買って失敗した株と同じ理由で株を買ってしまっては、また失敗してしまいます。

それを防ぐためにも、自分の取引記録を見返す習慣をつけましょう。

慣れてきたら取引の際に採用した戦略も記録するようにしておくと、さらに効果的です。

4、おすすめバーチャル株式投資サイト5選

(1)トレタビ

トレタビ

最も有名な株式投資サイトのひとつです。

現実世界の上場企業のリアルな株価をゲーム内で採用しているので、ゲームとはいえ本格的に株式投資を学ぶことができます。

イベントミッションがあり、ゲーム感覚で楽しく株を勉強することができるのも特徴です。

(2)株式学習ゲーム

株式学習ゲーム

日本証券業協会が運営する株式学習ゲームです。

一般的な、一人でプレイするゲームとは異なり、参加者でチームを組んでディスカッションを行いながら株式投資をしていきます。

株式投資の銘柄選びのための企業情報を、効率よく集めることができます。

利益を追求するための勉強というよりは、株式投資全体や市場の知識を学ぶのに向いています。

(3)株式投資トレーニング

株式投資トレーニング

みずほ証券が運営するバーチャル株式投資ゲームです。

ゲーム内で扱う株価は、実際の株価が20分遅れで反映されるのでリアルな環境で株式投資を体験することができます。

ランキング機能も用意されているので、株式売買のモチベーションを落とすことなく取り組み続けることができます。

(4)選抜株式レース

選抜株式レース

レース出場者が一定期間内に銘柄を複数選び、得た利益の合計を競います。

レースで優秀な成績を納めた方には賞金が送られます。

さらに、出場者でなくとも会員登録をすることにより、出場者たちの一押し銘柄情報を得ることもできます。

ただし、会員登録は年会費21000円が必要です。

(5)遊んで株入門

遊んで株入門

バーチャル株式投資ゲーム「カブステ!」の他にも、銘柄のスクリーニングサービスやゲーム参加メンバーの一押し銘柄の紹介サービスも運営しています。

初心者の方はもちろん、上級者の方にも銘柄選びの際に参考にできます。

5、おすすめバーチャル株式投資アプリ3選

(1)トレタビロイド

トレタビロイド

トレダビのアプリ版です。

スマートフォンを持っている方なら、ブラウザ版のトレダビよりもこちらの方がおすすめです。

実際の株式投資もスマートフォンで取引できる方が便利ですので、積極的にトレダビロイドで練習すると良いでしょう。

(2)iトレ

iトレ

こちらはiOS対応のバーチャル株式投資ゲームです。

(1)のトレダビロイドはAndroid対応なので、iPhoneを使っている方はこちらがおすすめです。

ゲーム内の1日が現実世界の5分で過ぎるので、密度の濃いトレードを練習することができます。

(3)あすかぶ

あすかぶ

かなりシンプルなゲームです。

特定の銘柄が翌日に値上がりするか値下がりするかを予想するだけです。

参加者の予想状況は見ることができるので、実際の株式投資に役立てることができます。

掲示板機能も充実しているので、上級者の方も効率よく情報収集をすることができます。

6、DSソフトでも学習できる!

 

株式売買トレーナー カブトレ NEXT

DSでも株取引のゲームが存在します。

ゲームソフトだけあってストーリーも用意されており、楽しく株式売買を勉強することができます。

株価も実際の2002年から2006年の値動きを採用しているので、リアルな値動きを体感することができます。

まとめ

株式取引は誰でも大きな収益を得ることができるチャンスがあります。

しかし、同時に大きなリスクも存在するので、損失を出してしまう可能性も忘れてはいけません。

自分の資産をリスクにさらす前段階で、バーチャル投資ゲームをプレイして練習しておくことも大切です。

しっかりと勉強をして有利に株式投資を始められるようにしましょう!

関連記事
スルガ銀行やスポーツ界における問題が相次
もの言う株主とも言われるアクティビストの

太田 清比古(おおた きよひこ)
個人トレーダー・ファイナンシャルプランナー

学生時代から投資に目覚め、個別株・FX・投信・仮想通貨等手広く経験。
証券系のシステムエンジニアとして勤務する傍ら、独学でFPを取得。
余暇を利用しての投資の研究と実践を欠かさない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加