投資信託の4つのメリットと投資する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資、国債、FX……資産運用で売買する商品にはさまざまなものがあります。

本業を持ちながら、売りどき買いどきを調べるのはなかなか大変です。

実績が思うように上がらないとなおさら疲れてしまいます。

忙しくて銘柄を選ぶ時間がないという人や運用に自信がない人などには、投資信託のようにプロに運用を任せることができる金融商品がおすすめです。

でも、投資信託という言葉を聞いたことはあるけどそのメリットはよく分からない・・・

あなたは今そうお考えではないですか?

そんな方のために、今回の記事ではそもそも投資信託の仕組みはどうなっている?ということから投資信託のメリットなどについて説明していきます。

現在投資信託への投資をお考えの方のご参考になれば幸いです。

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像

1、投資信託の仕組みは?


ここでは簡単に一般的に購入できる投資信託の仕組みについて説明します。
簡単に図式にすると下記のようになります。

そもそも投資信託とは専門の機関が販売、運用、資産の保管などの業務をそれぞれ果たすことで成り立っている金融商品です。

投資信託は投資信託運用会社で作られます。
運用会社は投資家から集めた資金をどのように運用するかを信託会社に指図します。

信託会社は集めた資金を管理しており、運用会社の指図に従って投資を実行します。

投資家は証券会社や銀行などの「販売会社」を通じて投資信託を購入することができます。

2、投資信託の種類は?


投資信託は運用方針や投資家を募集する方法など、さまざまな側面から分類ができます。

ここでは制度的な面から投資信託がどのように区分けできるかを紹介します。

(1)契約型と会社型

投資信託には大きく2種類の「形態」があります。

  • 「契約型」・・・上記で説明した仕組みのように運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶことによって成立している投資信託です。
  • 「会社型」・・・投資を目的に法人を設立することによってできる投資信託です。

日本では「契約型」が主流です。

(2)公社債投資信託と株式投資信託

約款の記載内容から見て、次のような2種類に分けることができます。

  • 「公社債投資信託」・・・約款に「株式には投資しない」ことが記載されている投資信託です。
  • 「株式投資信託」・・・約款に「株式に投資できる」ことが記載されている投資信託です。

運用する資産の中に株式が一切入っておらず、債券のみで運用する投資信託を公社債投資信託といいます。

1株でも持っていれば株式投資信託です。
一般的に利回りが低い代わりに元本が減る可能性も低いのが前者で、価格の変動が激しいのが後者です。

(3)公募と私募

誰をターゲットに販売されている投資信託か、という側面から考えると2種類あります。

  • 「公募」・・・証券会社などで誰でも買うことができるように多数の投資家をターゲットとしている投資信託です。
  • 「私募」・・・機関投資家のみであったり、少数の投資家をターゲットにしている投資信託です。

よく目にする投資信託は大抵が「公募」です。

(4)その他の分類

その他、払い戻しを常にできるのかどうか、購入できるのはいつか、という側面からも投資信託を区分けすることができます。

投資信託を選ぶ際には着目してみてください。
ここでは制度面から見ての区分けをしましたが、運用方針でも分類することが可能です。

代表的なのは株式投資信託の運用方針で、これも2種類あります。

「インデックス型」・・・日経平均株価など運用目標とする指標(「ベンチマーク」という)の動きに連動させていくことを目標とする投資信託です。

「アクティブ型」・・・インデックス型と反対に、ベンチマークを積極的に上回るような運用を目指す投資信託です。

3、他の資産運用と比較した投資信託のメリットは?


投資信託には、株式投資のように個別銘柄を売買するような金融商品にはないメリットがあります。

資産運用でいろいろな銘柄の情報を見るのに疲れた……という人にはおすすめの運用方法です。

(1)パフォーマンスが比較的安定している

投資のプロが運用するため、大きなミスが起こりにくく、自分で運用するよりも安定した結果を残しやすい、というのが最大のメリットです。

判断を誤って運用している資産の大半を失ってしまった……などということは、大規模な経済危機でも起こらない限り起こりません。

一般社団法人投資信託協会によると、日本の公募投資信託の年間運用利回りは、2008年のリーマン・ショックの-28.3%を除くと、過去20年で-9.1%から+7.5%の範囲に収まっています。

個別株は数週間で数分の一になることもあるので、それに比べると安定しているといえます。

(2)世界に投資するのも簡単。テーマを選ぶだけ

初心者にはなかなか手を出すことができない海外不動産や新興国株式などの商品にも、簡単に投資することができます

ファンドにはそれぞれ運用方針があるので、興味があるテーマを選ぶだけ。自分のお金が世界の発展途上国の経済に役立つというのも気持ちがいいものです。

(3)分散投資でリスク軽減ができる

投資信託は複数の銘柄に資金を分けて運用します。
例えば株価の値下がりなどがあっても分散投資することによってリスクを軽減することが可能です。

(4)少額から投資できる

一般的には投資信託は1万円から投資できるものがほとんどですが、最近では最低100円から投資できる、というところも出てきました。

株を買いたいけどそこまで資金がない、まずはお小遣い程度の金額からはじめてみたいという人におすすめです。

4、他の資産運用と比較した投資信託の注意点は?


投資信託には注意点もあります。メリットと併せて確認しておきましょう。

(1)手数料がかかる

投資信託を運用するプロはそれが仕事ですから、報酬を支払わなければなりません。
証券会社や銀行などの販売会社に支払う販売手数料、信託報酬の他、解約時に信託財産留保額等がかかります。

販売手数料がかからないノーロード型投信も最近は増えています。
信託報酬は預けている資産の◯%という形で発生します。

アクティブ型とパッシブ型では投資先の調査などに手間のかかる前者のほうが高い傾向にあり、前述の投資信託協会の資料によると2017年9月末の平均手数料はアクティブ型が1.19%、パッシブ型は0.48%です。

時間とパフォーマンスを、お金を払って買っているようなものかもしれません。

(2)元本を毀損する可能性がある

ほとんどの投資にあてはまることでもありますが、投資元本が保証されていません。

また、過去の運用結果が好調だからといって、今後も続くかどうかはわかりません。
高いリターンと元本割れするリスクは隣り合わせだと考える必要があります。

(3)毎月分配型の注意点

株の配当にあたる分配金が毎月もらえる投資信託もあります(1年毎、半年毎配当のものもあります)。

年金のように定期収入が入ると喜ぶ人もいますが、投資の最大の武器である複利のチャンスをみすみす逃してしまうので、必ずしもメリットとはいえません。

論外なのは、運用益だけでは分配金がまかないきれず、元本の一部を取り崩して配当にまわしてしまうという、タコ足配当を行っている投資信託です。

そういう投資信託は運用パフォーマンスがよくありませんので、あまりおすすめできません

5、投資信託の選び方


投資信託は手数料がかかるものの、いい商品を買えばあとは労力をかけることなく資産運用が可能です。

どのような視点を選べばいいのか考えましょう。

(1)資産運用に何を求めるか

金融商品を選ぶ前に、どのようなリスクまで許容できるかということを考える必要があります。
まずは資産運用の原点、目的に立ち返ってください。

子どもの学費として安全に運用したいお金なのか、ボーナス代わりのちょっと贅沢をするため、多少リスクを負っても高リターンを追求するのか……年齢や配偶者の有無なども重要な要素です。

一般的に若ければ若いほど、その後の働きでカバーできるので、リスクを負うことができます。
自分が受け入れられるリスクが低ければ、低リスク資産を中心とした投資信託を選ぶことが望ましいです。

(2)目的別の選び方

目的に合わせた投資信託の選び方の例を挙げておきます。参考にしてください。

①「生活資金の足しにしたい」

ローリスク・ローリターンタイプもしくはミドルリスク・ミドルリターンタイプがおすすめです。

(例)・債券型(新興国の債券を扱っているタイプもおすすめですが、先進国だけのものの方がローリスクです)

  • バランス型(債券だけではなく株式やREITなどをバランスよく組み込んだタイプのものもあります)
  • REIT型(投資信託を通じて不動産投資ができます)

②「将来のためにお金を増やしたい」(しばらく使う予定のない資金で)

ミドルリスク・ミドルリターンタイプもしくはハイリスク・ハイリターンタイプがおすすめです。

(例)・株式型(外国株のものも取り入れるとより増えやすいです)

  • REIT型
  • オプション型(オプション取引を利用したファンドを指します。最近ではカバードコール型ファンドが注目されてきています。大きく減る可能性もありますが増える可能性もあります。長期間で運用できるのであれば選択肢として有効です。ただし特徴をよく把握してから購入するようにしましょう。)

③「短期間で大きく増やしたい」(使う予定のない資金)

基本的にこういう方には投資信託はおすすめできません。
分散投資することによって安定したリターンを得る、それが投資信託です。

どうしても、ということであればハイリスク・ハイリターンタイプがおすすめです。

(例)・オプション型(短間で大きく増やすことも可能です。ただしその運用資金は大きく減る可能性もある、ということも念頭に置いた上で運用してください。)

※過去の騰落率や標準偏差(運用成績のばらつき具合)もその後の運用を約束するものではありませんが、参考にするとよいでしょう。

(3)手数料(信託報酬等)で選ぶ

パッシブ型の投資信託のように、運用者によってあまり差がないものは、手数料が安いに越したことはありません。

ETF(取引所に上場しており、株式のように売買できる投資信託)の中には、信託報酬が0.1%未満のものも数銘柄あります

基本的に非上場の投資信託に比べてETFの方が手数料が安価です。

(4)iDeCoやNISAでも買える投資信託か

大きな節税メリットがあるiDeCoやリターンが非課税になるNISAで買える投資信託もあります。

特にiDeCoの所得控除は平均的な収入がある人ならほぼ確実にメリットがあるので、老後の備えに活用するのもいいでしょう。

(5)アクティビストの動向を参考に

最近ではアクティビストファンドがリターンの高さで注目されています。

アクティビストとは「物言う株主」とも言われ、分かりやすい例をあげると旧村上ファンドの村上世彰氏などが挙げられます。
旧村上ファンド出身者が現在運営している「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」もその「アクティビストファンド」の一つです。

東洋経済オンライン(2016年10月19日)によると、過去10年間で主要なアクティビストが買った銘柄を無作為に抽出した統計では、平均の騰落率が79%。非常に高いパフォーマンスです。

ただ株式を売買するだけでなく、投資家として培った経営能力で投資先企業に助言をする手法は、他のどの投資とも一線を画しているといえます。

投資信託の中ではもっとも堅実かつ高リターンを狙えるビジネスモデルといっていいでしょう。

基本的に「アクティビストファンド」に個人が投資することはできませんが、運用の参考になるので、知っておくといいです。

まとめ

投資信託は資産運用のプロにお金を預けることによって安定したリターンを期待できます。

ただ運用の内容によっては大きいリターンを期待できる一方で、リスクも生じる可能性が高くなるものもあるので注意が必要です。

プロに手数料という名の料金を払って運用してもらうのが投資信託です。

後悔しないよう投資信託を選ぶときには資産運用の目的を振り返り、自分に合ったものを選びましょう。

関連記事
昨今、「物言う株主」が話題となっています
7月19日からスタートした新木曜ドラマ『

株式投資、FXの経験が4年~の個人投資家です。
「金融・ファイナンス・経済・時事ニュース・投資」の記事を中心に執筆しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加