縛られない暮らし

「投資だけで生活」するには?資金はいくら必要?ラクに生活するための投資のヒント

世の中には「働かないで生活している人」がいます。その代表例が「個人投資家」ではないでしょうか。不労所得で生活するのは、誰にとっても憧れですよね。

ですが、実際に「個人投資家」の内訳をみると、投資だけで生計が成り立つ人はごくわずか。ほとんどの人は、投資とは別に本業を持っています。筆者も仕事をしてお金を稼いでは、せっせと投資にお金を使っています。

なぜ一生懸命働いて稼いだお金を投資に使うのかと言えば、将来の生活を少しでも楽にするため。この記事では、どんな人がどんな目的で個人投資家として投資をしているのか、解説してきます。あなたの生活を豊かにするヒントもありますよ。

お金持ちでなくても個人投資家になれる!

「投資」というと、一部の富裕層がやっているイメージではないでしょうか?働き盛りの現役世代には、少し縁遠い感じがするかもしれません。

ですが、実はあなたと同じくらいの年収の人も、個人投資家として投資をしてお金を増やしています。

年収が多くても少なくてもチャレンジできるのが投資です。「投資」=「お金持ちのためのもの」というイメージを崩せるように解説していきましょう。

個人投資家は高収入ばかりではない

さっそく、個人投資家の年収について見ていきましょう。

次のグラフは、平成30年に日本証券業協会が実施した「個人投資家の証券投資に関する意識調査」の結果をまとめたもので、「回答者の年収」を表しています。ご自身の年収と比べてみてください。

個人投資家のうち、45%の人が年収3,00万円未満であることがわかります。さらに、約70%の人が年収500万円未満という結果です。これは意外ではないでしょうか?

一方で、お金持ちの代名詞と言える「年収1,000万円以上」の個人投資家は、わずか7%ほどしかいません。投資をしているほとんどの人が、特別なお金持ちというわけではないことがおわかりいただけたでしょう。

収入を増やしたくて投資を始める

そもそも、投資を始める動機として最も多いのが、「今の収入を増やしたいと思った」からなのです。続いて「株主優待があることを知った」からです(いずれも、同様に日本証券業協会のデータから引用しました)。

なお、株主優待とは、株式を発行する企業が自社サービスの割引券や自社製品を特典として株主にプレゼントすることです。

 

収入を増やしたり、株主優待でお得に生活したりといった動機からも、「今の収入で満足できない人」が投資に取り組んでいることがわかります。この動機に鑑みると、「投資とは一生懸命働いているけど、もう少し収入を増やしたい人のためのもの」と言っても過言ではないでしょう。

実際、筆者も収入を増やすために投資をしています。今は年間の配当収入が14万円ほどなので、月平均にならすと毎月1万2,000円ほどの不労所得が入ってくる状態です。本業の収入に加えて、1万円でも1ヶ月の収入が増えると生活が本当にラクになりますよ!

過半数の投資額は300万円未満

同じく、日本証券業協会「個人投資家の証券投資に関する意識調査」の結果を見てみましょう。次のグラフは証券の保有額です。株式や投資信託などを、合計でいくら分持っているかを表したものです。

グラフを見ると、約半数の投資額が300万円以下であることがわかります。50万円未満の人も20%ほどいますし、超高額な投資金額というほどでもないでしょう。5,000万円以上も投資している羨ましい投資家の方もいますが、4%ほどと少数です。

年収は70%の人が500万円以下と偏ったのに対し、投資額は10万円以下の人から5,000万円以上の人までばらつきが出ました。投資歴が長い方が投資額も大きくなる傾向はありますが、それぞれが好きな金額で投資を行っていると読み替えられるのではないでしょうか。

投資は生活をラクにしてくれる

先ほどお伝えしたように、多くの個人投資家は「収入を増やすため」に投資をしています。生活資金を本業の仕事以外でも稼ぐことで、生活をラクにしたい人が多いのです。

この項目では、なぜ投資で生活をラクにすることができるのかをお伝えしていきます。すべての投資家にうなずいていただけるはずです。

配当金で収入が増える

まずは、株式を購入した場合を考えます。「株式を買う」とは企業に出資することなので、あなたのお金を使って企業は事業を行います。

事業が上手くいけば利益が出るので、あなたが出資した以上のお金が生まれます。その利益の一部を株主に還元するのが「配当」です。

配当を出さない企業もありますが、配当を出している企業の場合、株価に対して1%から5%ほどの配当を還元しています。

 

例えば、配当利回りが3%の株式を100万円分買ったら、1年間で3万円貰うことができます。企業が配当を続ける限り、永続的に3万円をもらい続けられます。

また、増配といって企業が配当金を増やすこともあるので、3万円よりも多い金額を貰える可能性もあります。

このように、株式を買っておくと定期的に受け取ることができるのが配当金です。配当金をもらうことで収入が増えるため、生活がラクになります。筆者は、株式投資で月平均1万円以上の配当金をもらって生活しています。

株主優待でお得に生活

さらに、株式を持っていると配当金だけでなく「株主優待」を受け取ることもできます。株主優待はすべての企業が実施しているわけではありませんが、一部の企業では株主に対して自社サービスの割引券や自社製品を配布していることがあります。

特に、外食サービスの割引券や食品会社・飲料会社の自社製品プレゼントなどは助かる人も多いでしょう。日常生活でよく使うものをタダでもらえたり割引してもらえたりするので、その分のお金を節約することができます。

積み立てすれば年金代わりにもなる

株式や投資信託を現役時代から積み立てておけば、老後に年金代わりの収入を得ることができます。先ほど紹介したように、配当金を受け取ることもできますし、値上がりした株式や投資信託を老後に売っても良いでしょう。

「ゆとりある老後生活のためには2,000万円足りない」とニュースになっているとおり、退職後の生活のためにも資産形成は欠かせません。仕事に精を出す現役時代から未来を見据えて投資をしておくことで、現在の収入だけでなく老後の収入の基盤にもなります。

投資だけで生活はできるのか?

さて、このように投資で不労所得を得て収入アップできることをお話しすると、「それなら投資だけで生活できるようになりたい!」との声が必ず上がります。その気持ちはとてもよくわかりますし、すべての個人投資家の夢です。

しかし、実際に投資だけで生活するのは大変困難です。不可能なことではありませんが、とても難しいことも理解しておきましょう。

配当金だけで生活する

株式を持っていて、企業から受け取る配当金で生活することを例に考えてみましょう。

生計を立てるには、年間どれくらいのお金が必要でしょうか?人によって異なりますが、ここではサラリーマンの男性の平均年収とほぼ等しい500万円が必要だと仮定して試算してみます。

配当金利回りが5%だった場合、1年間で500万円の配当金をもらうためには、いくらの元手が必要でしょうか?

計算すると、1億円が必要になるのです。1億円を利回り5%の株式に投資して、ようやく500万円の配当金になります。想像していたより大きな金額ではないでしょうか?

 

一方、サラリーマンが一生で稼ぐ金額は2億円から3億円だと言われています。年間500万円の配当金を得るためには、生涯収入の半分ほどを投資しなければならないということなので、多くの方にとって「配当金だけで生計を立てる」ことは極めて難しいと考えられます。

配当金の利回りがもっと高ければ、数千万円の元手でも配当金だけで生活することが可能ですが、5%でもかなりレアな高配当株です。実際に、配当利回りが5%以上の高配当株はそれほど多くなく、市場動向や企業の業績などによっては配当額が大きく減少したり、場合によっては無配になることもあるため、株の購入後もある程度の監視が必要です。

あわせて読みたい!

資産運用をしたいと思うものの、銀行に100万円預けてもATMの手数料1回分にもならないし、かといって株やFXはちょっと怖い。そんな時にはリスクを抑えながらそれなりの利回り(リターン)も期待できる「投資信託」がおすすめです。 それなりの利回[…]

専業投資家として生計を立てる

投資で利益を出す方法は、配当金を得ることだけではありません。株式を安いときに買って高くなってから売るキャピタルゲインを得る方法でも、利益を得ることができます。

1日で株式の売買を繰り返すデイトレーダーが、ほんの1時間で数百万円といった金額を稼ぐ様子は、ときどきテレビなどでも話題になりますよね。

安く買って高く売る「値上がり益」目的の投資で儲けることは理論的には可能ですが、投資上級者向けの手法なので初心者にはおすすめできません。株式を買った後、必ず値上がりするとは限らず、値下がりして損してしまう可能性も高いからです。

銘柄選びが難しいだけでなく、国際政治の摩擦によって市場が大暴落するといったリスクがあり、市場の行方は誰にも読めません。値上がりする可能性はあるものの、同等の確率で値下がりする危険もあるので、投資で生活費を稼ぐ専業投資家は誰にでもおすすめできる仕事ではありません。

投資だけで生計を立てるのは難しい

これまでお伝えしてきたように、投資で配当金や値上がり益を得ることはできますが、それだけで生計を立てるのは難しいものです。収入の多寡に関係なく個人投資家はいますが、ほとんどの人は「兼業投資家」で別の本業を持っているのです。

前の項目でお伝えしたように、半数の個人投資家は投資額が500万円未満です。投資額が500万円の場合、利回り5%なら1年間で受け取る配当金は25万円です。月平均で2万円以上も配当金を得ることができるため、本業以外の収入としては十分ではないでしょうか。

働くことにもメリットがある

これまで、投資だけで生活していくことの難しさを解説しました。実際、個人投資家でも多くの人は投資とは別の本業を持っています。

仕事をする理由はさまざまですが、働くことは投資にはないメリットがあります。仕事を投資と並行することで、お金を最大限に増やすことができますよ。

メリット1:安定した収入を得られる

安定した仕事に就くことの最大のメリットは、安定した収入を得られることです。収入が多い・少ないは関係なしに、毎月同じような金額が同じようなタイミングで振り込まれることはとても恵まれています。

投資で生計を立てようとして株式の売買を繰り返すと、上手くいっているときは大きく稼ぐことができます。サラリーマンの1日分の給与を超える金額を叩き出せることもあります。

ですが、翌日には大きく負けてしまい、昨日の勝ちすらなくなってしまうといったこともよくあるもの。収入と支出を見積もりにくいので、このような職種の人から見ると、会社員の安定した給与は非常に魅力的です。

メリット2:投資に捻出するお金を稼げる

安定した給与がある人は、毎月一定額を貯金に回している人も多いことでしょう。その内の一部を投資に回すことで、本業と投資を両立することができます。投資に捻出するお金を稼げるという意味でも、本業は重要です。

「配当金で生活するのは難しい」とお伝えしましたが、永久に無理というわけではありません。投資を始めて1年から2年で配当金生活をすることは難しいものの、10年から20年といったように長期間働きながら資産形成していけば、配当金で生活することは不可能ではありません。

実際に、本業で稼いだお金を少しずつ投資して1億円近い資産を作り、アーリーリタイアする人は存在します。または、完全に退職まではできない人でも、就業時間が短い仕事やストレスの少ない仕事に切り替え、本業の収入を減らして生活することもできます。

メリット3:有給休暇・福利厚生がある

会社員が活用すべきものは、有給休暇や福利厚生のようなシステムです。専業投資家のような個人事業主にはこのようなメリットがないため、ぜひ活用してください。

仕事から離れてリフレッシュするのも良いですし、お金を稼ぎたい人は有給休暇を使って副業をすることができます。また、福利厚生を上手に使えば節約もできます。

投資だけで生活することに憧れるサラリーマンは多いですが、会社員にもメリットはあります。ひとまず兼業投資家として投資を始め、サラリーマンのメリットと投資のメリットをダブルでゲットしてみると良いでしょう。

あわせて読みたい!

生活のために会社で働くことを辞め、より多くの時間を好きなことに使って生活していく。サラリーマンの方であれば、そんな生活を夢見たこともあるのではないでしょうか? ある程度の資産が確保できているのであれば、その資産をうまく運用していく[…]

2倍以上にする過程
あわせて読みたい!

限られた時間の中で収入や資産を増やすには、不労所得を得るのが効率的な方法です。 働かずに所得(収入)が得られるという、まさに夢のような話ですが、あまりにうまい話には大きなリスクがあったり、悪徳商法や詐欺というケースもあります。 そのため[…]

兼業投資家のすすめ

投資だけで生計を立てるのは難しいですが、本業を頑張りながら投資も始めることで、確実に生活は楽になります。

これから投資を始める方や投資を始めたばかりの方に向けて、アドバイスしましょう。

投資は少額で始められる

投資を始めるための最低金額は、たったの「100円」です。インターネット証券会社の投資信託は、100円から買い付けるサービスが普通になってきています。

かつては100万円単位のお金を出せる人にしか縁がなかった投資が身近になったのは、少額で始められるようになったことも大きな要因の一つです。100円から始められるので、収入が少ない人でも少しずつ取り組むことができるのです。

実際、お見せしたデータでは投資額が10万円以下の個人投資家も一定数存在します。少しずつコツコツ投資をする仲間はたくさんいるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

若い人は時間を味方につけよう

投資は、長い時間をかけられるほど有利です。というのも、いつ市場の暴落に巻き込まれるかはわかりませんが、保有していればいつかは株価が回復することが一般的だからです。

相場は常に右肩上がりではなく、短期的な上がったり下がったりを繰り返しながら、長期的には成長していきます。投資に使える残り時間が短いほど、短期的な下げに巻き込まれて資産が減ってしまう可能性があるのです。

しかし、若い人は時間を味方につけて長期的な利益が見込める投資をすることができます。「お金がない」と思う人もいるかもしれませんが、投資は100円から始められます。

「塵も積もれば山となる」のことわざを信じ、投資を始めてみてはいかがでしょうか。

暴落したら買い増そう

リーマンショックやITバブル崩壊など、世界を巻き込んだ金融危機はこれまでに何度もありました。これからも金融危機は起きるでしょう。

来るべき大暴落に備え、暴落時の行動や考え方を決めておくことも重要です。というのも、資産が半減してしまうような場合、悲観的な気持ちになってすべての株式を売ってしまうパニックに陥ることが多いのです。

 

歴史を振り返ると、私たちの経済はこれまでリーマンショックを始めとする金融危機を乗り越えてきました。時間はかかるかもしれませんが、株価も暴落時からかなり回復しています。

暴落直後に売った人の多くは、「あのとき売らずに、安いうちに買いましておけば良かった」と考えているのです。

暴落時に株式を買える精神力があるかどうかは人によりますが、暴落時は買い増しをおすすめします。もちろん、その企業が倒産しない保証はないので自己責任ではありますが、自分が信じた銘柄を暴落時こそ信じる力が資産を成長させることができるでしょう。

おすすめの投資方法:低リスク

ローリスクの投資信託

ここからは、具体的にどんな商品に投資をすれば良いのか解説していきます。一般的に、投資商品のリスクとリターンは比例するので、リスクの大きさ別に3つに分類して紹介していきます。

初めに紹介するのは、低リスクの投資方法です。リターンも控えめですが、リスクを低く抑えられるので、「収益よりも、損失が出にくい方法で投資したい」と感じる方におすすめです。

低リスクの投資方法として、投資信託とETF(上場投資信託)を紹介していきます。

インデックス型投資信託

投資信託とは、運用会社に運用を任せられる商品です。証券会社や銀行などの販売会社を通じて投資を申し込むと、その資金を運用会社が運用します。

投資信託の運用によって得られた利益は、投資家に支払われます。プロに運用を任せられるため、初心者でも失敗しにくいです。

 

投資信託には、「インデックス型」と「アクティブ型」の2種類があります。低リスクなのは、市場平均並みのパフォーマンスを目指すインデックス型のほうです。

市場平均と同じくらいの損益になる設計なので、平均より大きな利益は期待できない一方、平均よりも大きな損失も被りにくいです。目安のリターンは1%から3%程度です。

アクティブ型は、インデックス型の収益を上回ろうとする投資信託です。リスクの高い運用を行っている銘柄もあるので、低リスク重視の方にはあまりおすすめできません。リスクの低いインデックス型のほうが向いているでしょう。

 

投資信託のメリットは、少額で購入できることです。SBI証券や楽天証券などネット証券では、100円から投資信託を購入できます。まずは投資を少額で試してみたいという方におすすめです。

投資信託のデメリットは、手数料がかかることです。プロに運用を任せ、販売会社を通じて購入するため、手数料がかかります。

 

特に重要なのが、運用中はずっと負担し続ける「信託報酬」です。信託報酬は、インデックス型なら0.5%以下、アクティブ型なら2%以下が目安となります。信託報酬がこれを超える場合、一般的な投資信託よりも手数料が高めなので、手数料に見合った商品なのかを見極める必要があります。

併せて読みたい:信託報酬とは?信託報酬の特徴と計算方法・目安といつ差し引かれるのか

あわせて読みたい!

高い利回りで運用したいのであれば、投資のコストに着目することは当然です。投資信託では手数料が掛かりますが、運用するうえで最も注目したいのが信託報酬と呼ばれる手数料です。信託報酬がどれくらいかによって運用利回りが大幅に変わり、数年後から数十年[…]

信託報酬のパーセンテージ

ETF(上場投資信託)

ETFは上場投資信託のことで、投資信託の仲間です。運用会社が投資をするので、プロに運用を任せられる点も投資信託と同様です。

投資信託と異なるのが、上場していることです。ETFは証券取引所に上場しており、証券会社を通じて証券取引所に注文を出して売買します。株式と同じ取引方法です。

 

ETFと投資信託は商品の内容はよく似ていますが、上場・非上場という違いがあります。ETFのほうがコストを抑えることができるので、信託報酬など手数料が低い傾向があり、低コストで運用できるメリットがあります。手数料が低いため、投資信託より高い利回りが期待でき、2%から4%程度の利回りが目安となります。

ETFのデメリットには、投資信託よりも最低投資額が高いことが挙げられます。1口あたりの金額は銘柄によって異なりますが、数千円から数万円の銘柄が多いです。100円から購入できる投資信託に比べると、必要資金は高額になります。

おすすめの投資方法:ミドルリスク

ミドルリスクの株式投資

次に、ミドルリスクの投資方法を紹介していきます。「大きなリスクは取りたくないけど、リターンも捨てがたい」という方は、ローリスク・ローリターンとハイリスク・ハイリターンの中間を取った、ミドルリスク・ミドルリターンの投資をしてみてはいかがでしょうか?

ここでは、REIT(不動産投資信託)と株式投資について解説していきます。

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)は、文字どおり投資信託の一種です。証券取引所に上場しているため、ETFの仲間といったほうがイメージしやすいでしょう。

REITは、投資家が資金を運用会社に預け、運用会社は不動産の購入資金に充てるなどして資産を運用する仕組みです。得られた賃料の収入や不動産の売却益が、投資家に還元されます。

REITは、ローリスク商品とハイリスク商品の間に位置づけられています。利回りは4%から6%程度で、投資信託やETFよりも高利回りが期待できます。

 

REITのメリットは、分配金が収益の中心となることです。基本的に運用会社が所有する不動産の賃料から収益を得るため、それが分配金として投資家の収益になります。

分配金は定期的な不労所得になるので、投資で生計を立てたい人にもおすすめです。実際、働かないで不労所得だけで生きていくことを目標にしている投資家も、REITを取り入れています。

 

REITのデメリットは、火災や災害など物理的な影響を受けることが挙げられます。運用会社が所有する物件が損傷したら、REITの収益性が下がり、価格も下がると予想できます。大きな災害による影響を受けにくくするには、所有不動産の地域が分散したREITに投資すると良いでしょう。

株式投資

株式とは、企業が資金調達のために発行する証券です。株式を購入した投資家は株主となり、企業の利益の一部を配当金(インカムゲイン)として得ることができます。また、株価の値上がりによる利益(キャピタルゲイン)も狙えます。

国内の株式の配当金利回りは、0%から5%程度となっています。配当金のない銘柄もあるため、購入する前に配当金の有無と利回りを確認するようにしてください。配当金を中心に生計を立てたいなら、3%から5%程度の銘柄を選ぶと良いでしょう。

 

株式投資のメリットは、配当金と値上がり益に加え、株主優待を得られることです。一部の企業では株主優待を導入しており、自社製品や割引券を株主に提供しています。

食品や生活用品をもらえるので、家計の支出を抑えて貯金を増やすことにも役立ちます。1億円くらい株式に投資している人になると、優待だけでほとんどの食事が済んでしまうこともあります。

 

株式投資のデメリットは、銘柄選びの難しさです。有名大企業でも不祥事などで業績が悪化したり倒産したりするので、絶対に安心できるという銘柄はありません。

投資先の企業に不穏な動きがあれば株価が暴落する可能性があるので、株価が下がっても保有していたい銘柄を選びましょう。いち早く売り抜けようとしても、買い手が見つからないため株価の大暴落は免れません。

おすすめの投資方法:ハイリスク

ハイリスクのヘッジファンド

最後に、リスクは高いものの大きな利益を狙える商品を紹介していきます。全財産をハイリスク商品につぎ込むことはおすすめできませんが、余剰資金の一部の運用には向いています。

余剰資金の大部分はローリスク・ミドルリスクの商品で手堅く運用し、少しの資金で利回りを追求するといったポートフォリオが考えられます。ここでは、ハイリスク・ハイリターンの商品として、ヘッジファンドとソーシャルレンディングを紹介していきます。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは運用会社の商品で、プロに運用を任せられる点が投資信託に似ています。一般的な投資信託を「公募投資信託」、ヘッジファンドを「私募投資信託」と呼ぶように、仕組みはよく似ています。

一般的な投資信託はローリスク・ローリターンですが、ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンです。高い収益を追求するために、大きなリスクを取っているからです。

もちろん、リスクが高いとは言えヘッジファンドだからこそ可能なリスクマネジメントがあります。

株であれば、「買い」と「売り」を同時に仕掛けることで、相場全体が下がったとしても、収益を出す手法を取っていることが多いです。
つまり、市場が下落している傾向においては、投資信託のパフォーマンスは同じように下がりますが、ヘッジファンドでは上げることを目指す方針になります。

 

そのため、ヘッジファンドのメリットは高い収益性です。利回りが非常に高く、年率10%や20%を達成することも珍しくありません。

個人投資家がアクセスしにくい専門的な商品を駆使して、ヘッジファンドは高い収益を上げています。同じくらいの収益性を出せる商品はほとんどありません。

 

ただし、ヘッジファンドのデメリットは、最低申込額が高額であることです。国内のヘッジファンドだと、1,000万円以上に設定されている場合が多いです。余剰資金に余裕がある人向けの投資方法といえます。

ヘッジファンド会社の中でおすすめなのは、Japan Act合同会社です。Japan Actは年率10%以上を出した実績がある会社で、アクティビスト投資で収益を出しています。

Japan Act合同会社

アクティビスト投資とは、本来の企業価値に比べて割安な株価となっている銘柄を購入し、株主の立場から経営に提言を行う投資方法です。提言によって業績が向上すれば企業の利益になり、それが市場で評価されて株価が上がれば投資家の利益になります。

Japan Actも最低投資額は原則として1,000万円ですが、500万円から始めて少しずつ増やしていくなど、柔軟な対応も可能なようです。

公式サイト

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、オンライン上で資金調達したい企業と融資したい投資家を結びつけるサービスです。利回りは5%から10%と高いです。融資先のリスクが高いため、ハイリスク・ハイリターンの商品です。

 

ソーシャルレンディングのメリットは、少額で投資ができることです。最低投資額は1万円のことが多く、Funds(ファンズ)というソーシャルレンディングサイトでは1円以上1円単位で投資ができます。リスクの高い商品なので、少額でお試しから始めることも可能です。

ソーシャルレンディングのデメリットは、貸し倒れのリスクが高いことです。期間を決めて融資を行いますが、融資先の企業が満期に返済できる財務状態かどうかはわかりません。業績が悪化していた場合、返済不能な状態に陥ってしまう可能性があります。

 

こうした事態を避けるため、ソーシャルレンディングで投資をするときは、担保の有無や評価額も確認しましょう。担保とは、返済不能になったときに売却し、投資家への返済に充てる資産のことです。

充分な担保が設定されているかなど、よく確認してから投資することをおすすめします。

まとめ

投資だけで生活できたら、働く必要がなくなって人生が楽しくなりそうですよね。しかし、投資だけで生活するには大金を投資しなければならず、現実的ではないと感じる方も多いでしょう。

仕事を頑張りながら、投資でお金を増やしていけば、将来的に投資だけで生活することは可能です。今回解説した方法で投資を始めてみてください。

国内厳選の注目ファンド

【2021年度版】国内ヘッジファンドランキング

投資手法・手数料・最低金額を比較・分析。 注目の国内ファンドをランキング形式で紹介。