今注目のアクティビストファンド!おすすめファンドと投資会社3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な資産を運用するならば、できるだけリスクを抑えながらより大きなリターンを得たいと思うものです。

それを実現する方法としてアクティビストファンドへの投資があります。

アクティビストファンドは変化を待つのではなく、自らの働きかけによって企業価値を高めることで利益をあげていきます。

日本では経営効率の悪さが指摘されており、米国などに比べ株価が伸び悩んでいる要因のひとつとも言われています。

裏を返せば経営効率の改善余地が多く残されているということでもあり、今国内外のアクティビストが日本企業に注目しています。

この記事ではアクティビストファンドの特徴と投資するメリット、投資先としておすすめのファンドについて解説していきます。

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像

1、アクティビストファンドとは?

アクティビストファンドは物言う株主とも呼ばれ、一定以上の株式を保有して議決権を行使するなど積極的に経営に関与し、企業価値や株主価値の最大化を図ることで収益をあげる投資ファンドを言います。

アクティビストファンドは投資先企業に対し、役員の交代や、M&Aや事業譲渡、事業再編(合併・分社化・不採算事業の売却)といった企業体制の変更から、配当・自社株買いの実施までさまざまな要求や提案を行います。

ただ、自らの要求を実現するためときには敵対的買収(企業の乗っ取り)や委任状争奪戦、法廷闘争などの手法をとるケースもあり、このようなアクティビストにあまりいい印象を持たない人が多かったのも事実です。

最近では企業との対話を重視し、短期的な利益だけでなく長期的な視点で企業価値の向上を目指すという友好的なスタンスのアクティビストファンドも増加してきています。

またコーポレートガバナンス・コード(企業統治原則)やスチュワードシップ・コード(コーポレートガバナンスの向上を目的とした機関投資家の行動規範)が改定され、よりアクティビストにとって活動しやすい環境が整ってきています。

このような流れの中で、アクティビストの要求や提案は企業や他の株主からの賛同を得られやすくなってきました。

アクティビストと企業や他のステークホルダーの間で利益を享有するウィンウィンの関係が、今後ますます拡がって行くのではないかと期待されます。

2、アクティビストファンドに投資するメリット

アクティビストファンドの投資対象の多くは、企業の本来の価値が市場で評価されておらず株価が低迷している、いわゆるバリュー株(割安株)です。

バリュー株を投資対象とするバリュー投資は、世界的に著名な投資家ウォーレン・バフェット氏も実践し、その実績が示されている有効な投資手法です

ただ一般的なバリュー投資では、バリュー株に投資し、市場がその企業価値正しく反映して株価が上がるのを待って利益を得ようとします。

そのためバリュー投資では長期投資が基本であり、利益が得られるまでに、数年単位の時間がかかることも珍しくありません。

それに対して、アクティビストはただ待つのではなく自ら行動を起こします。

 

株主としての権利を積極的に行使し、企業価値の向上を目的として、企業や経営陣対して事業再編や保有する資産の有効活用、株主への還元などを要求するのです。

こうした働きかけによって、アクティビストによる投資は、変化を待つ一般的なバリュー投資に比べ、より早い時期により大きな利益を実現できる可能性が高くなります。

これは投資対象を見極める高い専門性と、企業や経営陣に対して影響力を持てるだけの資金力があるからこそ可能となります。

アクティビストファンドへの投資では、個人では難しいこのような投資を行うのと同じ運用成果を享受できるという大きなメリットがあります。

またアクティビストは、投資対象の目先の株価ではなく、本質的な企業価値に基づいて投資判断を行います。

そのため運用成果が相場の良し悪しに左右されにくく、長期的に安定した利益が期待できるのもメリットと言えます。

あわせて読みたい!

 

3、おすすめアクティビストファンドと投資会社3選

アクティビストファンドへの投資では、より効率的なバリュー投資や長期的に安定したリターンが期待できます。

とはいえ、アクティビストファンドは通常、詳細な分析を行った上で投資対象を厳選し、少数の銘柄に集中投資を行うため、投資対象を見極める能力によっても運用成果は大きく左右されます。

また企業価値を向上させるため、企業に対して有効な働きかけができるのか、ファンドの資金力や提案力なども重要になってきます。

ここでは実力・実績を備えたアクティビストファンドを厳選してご紹介しますので、投資候補に加えてみてはいかがでしょうか。

(1)M&S

公式サイト:M&S

M&Sは、投資家から資金を募り、物言う株主として、日本株を中心に企業価値の向上を目的としたアクティビスト投資を行っている独立系の投資会社です。

顧客や投資先をはじめとするすべてのステークホルダーとの深い関係性、十分なコミュニケーションとディスカッションに基づいた「信頼ある投資」

顧客の期待に添い、期待を超えられるよう、投資成果のみならず、投資対象となる企業の価値向上を目指した「責任ある投資」

関わる方々や企業の将来を見据え皆が幸せになるための「未来ある投資」

このような投資スタイルのもと、M&Sは経営者や従業員との対話を行いながら、提言やサポートを行うことによって、企業の魅力やポテンシャルを最大限引き出し、企業との長期的な共存と成長を目指した投資を行なっています。

企業の手掛ける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の企業価値(市場における時価総額)との間に乖離のある銘柄を投資対象とし、企業への要求や株主提案を行うなど、アクティビストとして積極的に活動しています。

2016年には+46.26%(同年の日経平均株価のリターン+1.57%)、2017年には+27.06%(同+17.96%)という驚異的な運用成果をあげています。

(2)レオス・キャピタルワークス

公式サイト:レオス・キャピタルワークス

レオス・キャピタルワークスは「ひふみ投信」などを運営する投資会社であり、日本を代表するアクティビスト・藤野英人氏が代表を務めています。

主力商品である「ひふみ投信」は国内外の成長企業に投資を行い、資産を「守る」ことにも重点をおきながら、長期的な資産形成を目指し「守りながらふやす運用」を行うファンドです。

業種や企業規模に捉われず世界中の銘柄の中から、定量的な要素と定性的な要素の両面から徹底的な調査・分析を行い、投資環境に左右されず独自に成長できる企業を見出して投資を行なっています。

変化する相場環境に応じて現金比率を50%まで高められるなど、柔軟な運用ができることも特徴です。

直近1年間では+19.1%(2018年7月31日現在、設定来+412.2%)と高い運用成果をあげています。

(3)タイヨウ・パシフィック・パートナーズ(Taiyo Pacific Partners)

公式サイト:タイヨウ・パシフィック・パートナーズ

タイヨウ・パシフィック・パートナーズは、2001年設立された友好的アクティビストのパイオニア的存在のファンドです。

本拠は米国ですが日本企業を中心に、アジアで約17億ドルの資金を投資しています。

ファンドは「厳しい友人」として、投資先企業の評価・財務・ビジネスの各領域で長期的な価値を守り(Protect Value)、引き出し(Unlock Value)、創造する(Create Value)ために経営陣に働きかけます。

また経営陣からの信頼を獲得し、彼らが自信を持って意思決定が行えるよう意見や分析、ツールなどを提供しています。

まとめ

かつてアクティビストファンドへ投資できるのは、一部の富裕層に限られていました。

しかし現在では、一般的な会社員でも投資できるファンドも増えてきています。

世界的にアクティビストの影響力が増し、活動が活発になるなか、経営効率の改善余地が大きい日本は、国内外のアクティビストファンドから注目を集めています。

今回ご紹介したアクティビストファンドは、日本企業への投資実績が豊富なファンドばかりです。

アクティビストファンドへ投資を検討する際には、投資先候補としてみてはいかがでしょうか。

関連記事
投資において成功できるかどうか、つまり最

証券会社、生損保代理店での勤務を経てファイナンシャルプランナーとして独立。

(保有資格)1級FP技能士・証券外務員一種
(試験合格)宅建士・行政書士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題の高利回り資産運用

ビックトレーダーズおすすめ投資会社5選