年利10%で資産運用する方法は?押さえておきたい注意とは

年利10%で資産運用する方法は?押さえておきたい注意とは

資産運用の平均的な年利は3パーセントから7パーセントほどですが、投資商品を厳選すれば、年利10パーセントも狙うことができます。年利10パーセントで資産運用していくにはどのような商品に投資すれば良いのかについて、この記事で具体的に解説していきます。

ただし、平均より高めの利回りを狙うため、リスクもそれなりに大きくなります。投資におけるリスクとリターンは比例し、高い利回りを狙うほど元本割れのリスクも高くなることは、理解しておきましょう。

リスクについても触れるので、年利10%パーセントを狙う資産運用の正しい知識を身につけ、失敗を防ぎましょう。

国内おすすめ資産運用ランキング

年利10%の運用シミュレーション

利回りが10パーセントと高いと、早くお金を増やすことができます。利回りによってどれくらいお金が増えるスピードが異なるのか、100万円を20年間運用する場合をシミュレーションして比べていきましょう。利回りは3パーセント、5パーセント、10パーセントの3種類とします。

年利10%の運用シミュレーション

20年間運用すると、年利3パーセントの場合は約181万円、年利5パーセントの場合は約265万円、年利10パーセントの場合は約673万円に増えることがわかります。

注目したいのが、年数が経つにつれてお金の増え方に差が出ていることです。グラフの右側に行くにしたがって、年利10パーセントのグラフの伸びが急激になっています。これは「複利効果」によるもので、利益を再投資するために起こる現象です。

 

1年間で得られた利益を元本に組み込んで再投資することで、元本が膨らむので翌年はより大きな利益を狙えます。これを繰り返すことで、資産が急成長するようになるのです。

利回りが大きいほど、複利効果も大きく残ります。したがって、どうせ資産運用するなら高い利回りを狙いたいと考えるのも当然です。

年利10%で運用する方法

年利10%で運用する方法

年利10パーセントは平均より高い利回りのため、高利回りが狙える商品を厳選しないと達成できません。ここでは、年利10パーセントが期待できる商品を8個紹介していくので、メリット・デメリットを踏まえてご自身に合った投資方法を選びましょう。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは、投資家が投資会社にお金を預け、自分の代わりにプロに資産運用してもらう商品です。年利10パーセントを超える運用成果を出すことも珍しくなく、高利回りを狙えます。

ヘッジファンドが高利回りなのは、「絶対収益」という目標を掲げて運用しているからです。絶対収益とは、運用環境が良いときも悪いときも利益を出すという目標のことです。

 

一般的な投資商品だと、運用環境が良いときは利益が出ますが、運用環境が悪いときは損失が出ることが多いです。一方、ヘッジファンドは専門的な商品を組み合わせ、運用環境が悪いときでも利益を狙える設計になっています。

ヘッジファンドのメリットは、高利回りを期待できることに加え、プロに運用を任せられることです。高利回りな投資方法だと後述するFXや仮想通貨のように自力で運用するタイプが多いのですが、ヘッジファンドなら投資会社のプロに資産運用を任せることができます。

実際の売買などの手間がかからないため、投資の初心者や忙しくて資産運用に時間を割けない人にもおすすめです。

 

ヘッジファンドのデメリットは、最低投資額が1,000万円に設定されていることが多いことです。投資に使える予算が少ない方にとっては、非現実的な選択肢になってしまうでしょう。

国内の優秀なヘッジファンドを一つ挙げるなら、Japan Act合同会社が考えられます。平均して年間10パーセントほどの利回りを出しており、HPで株主提案の内容を公開していることから透明性が高く投資家からの評判も良い会社です。

Japan Act合同会社

Japan Actは主に「アクティビスト投資」で利益を生んでいます。アクティビスト投資とは、株式会社の株主になって企業の経営に積極的に提言することで利益を出す投資方法です。

企業の業績が改善すれば企業も儲かりますし、株価が上がってJapan Actも利益を得られるので、Win-Winな投資方法と言えます。

 

Japan Actも基本的には1,000万円から投資申し込みを受け付けていますが、500万円から始めて少しずつ追加していくことも可能です。詳しいことは申し込み前の面談で聞くことができるので、気軽に問い合わせしてみてください。

Japan Actホームページ

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、インターネット上で融資ができる投資方法です。お金を借りたい企業の案件がソーシャルレンディングのウェブサイト上に掲載されるので、投資家は投資したい案件を選んで投資します。

ソーシャルレンディングの利回りは2パーセントから10パーセントが目安で、中には10パーセントを超える利回りの案件もあります。

 

ソーシャルレンディングのメリットは、定期的に分配金をもらえることです。毎月または3ヶ月ごとに分配金が支払われるため、不労所得が期待できます。

ソーシャルレンディングのデメリットは、途中で解約できないことです。運用期間中に解約して資金を引き出すことはできないので、すぐに必要になりそうなお金は使わないなど、計画的に投資をしましょう。

不動産投資

不動産投資は、マンションやアパートを買って他人に貸し出し、家賃収入をもらう投資方法です。物件の価値が上がったら、売却して差額を利益とすることもできます。

不動産投資の利回りの目安は5パーセント前後ですが、やり方によっては年利10パーセント以上の高利回りを狙うことができます。初期投資が安く、家賃が高いほど利回りが高くなるので、高利回りな不動産投資をしたければ初期投資をいかに安く抑えるかがポイントです。

中古物件や空き家を買って初期投資を安く抑え、リノベーションして価値を高めることで、利回りを上げられます。

 

不動産投資には、一定の収入が長期間継続して発生しやすいメリットがあります。一度入居した人はしばらく同じ部屋に住んでくれると考えられ、その間は一定の家賃収入が発生するからです。

一方で、高利回りな不動産投資をしようとすると、難易度が上がるデメリットがあります。立地の良い場所で安く中古物件を見つけるのは大変ですし、あまりにも家がボロボロだとリノベーション費用の方が高くかさんでしまい、利回りが下がってしまうというケースがあります。

株式投資

株式投資は、企業が発行する株式を買うことで出資者の一人になる投資方法です。企業が事業で利益を出したら、一部を配当金としてもらうことができます。また、株価が値上がりすれば、株式を売却して差額を利益とすることもできます。

株式投資の利回りは3パーセントから7パーセントほどですが、銘柄によっては年利10パーセント以上の利益を狙うことができます。数年で株価が10倍にも成長する銘柄は存在するので、有望な株式を掘り当てられれば、短期間で資産を大きく増やせるメリットがあります。

 

ただし、大きく成長する株式を見つけること自体が難しいというデメリットが大きいです。株価が数倍、数十倍になる銘柄を発掘するのは誰にでもできることではありません。

企業の事業の将来性や財務状況で判断していくことになりますが、どんなに経験を積んだトレーダーでも百発百中で大化けする銘柄を見つけることはできないという難しさがあります。

米国株式投資

米国株式投資は、アメリカの企業の株式を買う投資方法です。仕組みは国内の株式投資と同じで、配当金や値上がり益による利益を得ることができます。

米国株式の平均利回りは7パーセントですが、銘柄によっては年利10パーセント以上も狙えます。しかも、国内株式よりも銘柄選びが易しいというメリットがあります。

 

理由としては、アメリカは日本よりも成長企業が多く生まれる風土があることが挙げられます。アップルやグーグル、アマゾン、ネットフリックスなど、世界経済をけん引する企業のほとんどがアメリカ発祥です。これらの企業に投資することで、日本の株式では実現しにくい高い利回りを狙えるのです。

米国株式のデメリットは、手数料が高くなってしまうことです。国内株式に比べて、売買手数料は割高に設定されています。ただし、米国株式人気が高まってきており、各社の手数料引き下げ競争が始まっているので、しばらくしたら手数料が下がって投資しやすくなるかもしれません。

投資信託

投資信託は、投資会社にお金を預けてプロに運用を任せられる商品です。プロに任せられる点は、ヘッジファンドと共通しています。

投資信託は基本的にはローリスク・ローリターンの商品が多く、目安の利回りは1パーセントから3パーセント程度です。しかし、年利10パーセント以上の高利回りが狙える商品も、少ないですが存在します。

 

例えば、新興国の株式に投資する投資信託の場合、10パーセントを超える利回りをたたき出すことがあります。新興国の経済成長に上手く乗ることで、利益を生み出せているのです。

ただし、新興国の成長が永遠に続くとは限りませんし、ひとたび経済情勢が悪化すれば国が破綻するリスクがあるというデメリットはあります。

投資信託には、インターネット証券会社なら100円という少額から投資を始められる気軽さがあります。ただし、年利10パーセント以上の高い利回りを目指すには、かなりリスクの高い商品に手を出さなければならないことを理解しておきましょう。

FX

FXは、外国通貨の為替レートが変動することを利用して稼ぐ取引のことです。例えば、1ドル=100円のときにドルを買っておき、1ドル=110円のときにドルを売れば、円換算では差額が出て儲けられます。

FXは自分で売買を繰り返して利益を出す投資方法なので、上手い人なら年利10パーセント以上も狙える投資方法です。

 

ただし、FXで儲かっているトレーダーは一握りで、9割以上のトレーダーは損をしているとも言われています。上手い人なら稼げるメリットがある一方、稼げるトレーダーになるのは簡単ではないというデメリットがあるのです。

自力でのトレードに自信がない人は、ヘッジファンドのようにプロに投資を任せられる商品を活用した方が良いでしょう。

仮想通貨

仮想通貨もFXと同様に、価格変動を利用して稼ぐ運用方法です。FXよりもさらに難易度が高い資産運用方法ですが、年利10パーセント以上を狙えるので、トレードの腕に自信がある方にはおすすめです。

仮想通貨も、上手く運用できれば年利10パーセント以上を狙うことができます。もっと高い利回りも実現可能で、利回り50パーセント、すなわち1年で資産を1.5倍にすることも可能ではあります。

 

ただし、2017年頃のようなバブル相場はすでに崩壊しているため、誰でも簡単に儲けられる方法ではなくなりました。現在は上がったり下がったりする相場なので、上手くタイミングを見計らって取引しないと、安く買って高く売ることができずに損をしてしまいます。

よって、仮想通貨もトレードの腕に自信がある方にはおすすめできますが、初心者など経験が浅い人にはおすすめできません。ヘッジファンドなどプロに投資を任せられる資産運用を選んだ方が良いでしょう。

年利10%で運用する際に注意すべきこと

年利10%で運用する際に注意すべきこと

年利10パーセントの利回りを狙える商品は数多くあるため、誰でも目指すことができます。ただし、年利10パーセントは平均よりは高めの利回りであり、リスクにも注意しながら投資をしていく必要があるでしょう。

ここでは、年利10パーセントを狙うときに気を付けておきたいポイントを5つ解説していきます。知らずに資産運用を始めると大失敗するかもしれないので、注意点を理解してから始めましょう。

利回りも高いがリスクも高い

最初に触れたように、投資におけるリスクとリターンは比例します。平均より高めの年利10パーセントを狙うなら、リスクも平均より高くなると考えておきましょう。

投資初心者の方が年利10パーセントを狙うなら、FXや仮想通貨など自力で運用するタイプの取引はおすすめできません。初心者ならではの失敗を避けるためにも、ヘッジファンドや投資信託を活用しましょう。

集中投資をしない

投資先は一つに集中させず、分散投資をしましょう。集中投資していると、その銘柄が大きな損失を出したときのダメージが大きいからです。分散投資していれば、ある銘柄が不調でも、他の銘柄が利益を補ってくれる可能性があります。

 

筆者がお会いした投資初心者の方で実際にあったのが、過去の運用成績が良かったからという理由で、アフリカに投資する投資信託に年金資産をすべて投じていたケースです。これでは、アフリカで政情悪化や経済破綻が起きたら、年金が大きく減ってしまう高いリスクを背負っています。

魅力的な商品に集中投資したくなる気持ちはわかりますが、その魅力は過去の成績でしかなく、未来は保証されていません。さまざまな商品に分散投資することで、大損するリスクを下げましょう。

難易度が高い運用方法が多い

先ほどお伝えしたように、年利10パーセントを狙える運用方法は難易度が高いものが多いです。FXや仮想通貨はもちろん、株式や不動産も将来有望な投資先を発掘するのが大変です。

よって、年利10パーセントを目指すなら、ヘッジファンドや投資信託のように、プロに運用を任せられる商品を活用するのがおすすめです。プロに任せられる商品の方が、自力で運用するよりも高い利回りを出せる可能性が高いからです。

余剰資金で投資する

自力で運用する場合もプロに任せる場合も、投資には元本割れのリスクが必ずあります。よって、投資に使うのは余剰資金だけにしておきましょう。

生活費やマイホーム購入費用、子どもの学費など、すぐに必要なお金や目的を決めて貯めているお金は、投資に使ってはいけません。これらのお金を投資して失敗したら、生活水準を下げたり、人生設計を下方修正したりしなくてはならないかもしれないからです。

投資に使うお金は、余剰資金のみにしておきましょう。

手数料がかかる

資産運用には、多かれ少なかれ手数料がかかります。株式投資、FX、仮想通貨といった自力で運用するタイプでも、売買手数料がかかります。

さらに、プロに任せるヘッジファンドや投資信託は自力で運用するよりも手数料が高くかかることが多いです。申し込みをする前に、手数料がいくらかかるのか確認しましょう。

まとめ

年利10パーセントで資産運用する方法を解説しました。平均よりは高めの利回りですが、年利10パーセントを狙える商品はたくさんあり、実現できる利回りです。

ただし、利回りに比例してリスクも大きくなるため、平均よりも高めのリスクを背負うことも覚えておきましょう。安易に手を出すと失敗して大きな痛手を被るかもしれないので、ヘッジファンドや投資信託のようにプロの手を借りられる商品を活用し、初心者ゆえの失敗を防ぎましょう。

関連記事

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像