5000万円あったらセミリタイアは可能?資金の作り方と注意すべき点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5000万円あったらセミリタイアは可能?資金の作り方と注意すべき点

職業問わず、会社や仕事に縛られないで生きていける「セミリタイア」に憧れを感じている方は少なくありません。ただ、セミリタイアするのにいくらの資産が必要なのか、セミリタイア後の生活資金をどのように準備すれば良いのか頭を悩ませている方もいるはずです。

そこで、本記事ではセミリタイアの定義を再確認した上で、一つの目安として5,000万円でセミリタイアできるのか、どのように用意したら良いのかについて解説していきます。

国内おすすめ資産運用ランキング

「セミリタイア」の定義を再確認

「セミリタイア」の定義を再確認

セミリタイアとは、今後の生活に必要な資金を準備して投資での不労収入や最低限のアルバイト・仕事から生活費を得つつ、できるだけ働かないライフスタイルのことです。

通常のリタイアは65歳以降の方がするものです。しかし、セミリタイアは年齢に関係なく20代から50代の方がしています。

そのように、老後を迎えない若い世代がリタイアすることを「アーリーリタイア」とも呼びます。

 

また、老後を迎える65歳以降でのリタイアは、働かずに貯蓄や年金だけで生活していくというイメージがあるでしょう。一方、セミリタイアの場合は何かしらの収入を得ながら生活することが前提です。

そのため、セミリタイアしてまったく働いていない方はあまりいません。

 

とはいえ、十分な資金があるため、お金のために働くわけではありません。自分が選んだ好きな仕事で、最低限の収入を得ていくことが一般的です。

セミリタイアに必要な条件は、次の2点です。

  • 収入が減っても困らない程度の、今後の老後を含めた生活ための蓄えがある
  • ストレスにならない、好きなことから得られる収入がある

5,000万円でセミリタイアはできる?

5,000万円でセミリタイアはできる?

「老後2,000万円問題」をきっかけに、老後には2,000万円が必要だと書籍や雑誌、マスメディアを通じて叫ばれるようになりました。2,000万円では足りないという主張も目にすることも少なくありません。

では、セミリタイアするにはいくらの資金が必要なのでしょうか?ここでは、一つの目安として、5,000万円でセミリタイアできるかを検証していきます。

もちろん、セミリタイアするために必要な資金は、個人によって異なります。ここで紹介するのは、あくまでも統計や平均値に基づいた概算数値であることをご了承ください。

単身の場合

単身の場合、5,000万円があればセミリタイアできると言えます。というのも、5,000万円を運用しながら仕事で収入を得られれば、十分に生活できると言えるからです。

2019年の総務省統計局の家計調査によると、単身世帯の1ヶ月あたりの支出は約16.3万円です。年間にすると、約200万円の計算です。

 

5,000万円を年率5パーセントで運用できたとしたら、税金を差し引いても年間200万円の不労収入を得られます。つまり、5,000万円を元にした運用益で年間支出を補えるのです。

また、セミリタイアでは最低限の仕事をすることが前提です。仮に、その仕事から月に10万円を得られているとしましょう。

そうすれば、資産運用と合わせて年間約320万円の収入になり、平均的な生活を送るのに何ら問題ないと考えられます。むしろ、さらに貯金しながらセミリタイア生活を送れるのです。

まったく仕事をしない場合でも不労収入で生活できますが、65歳以降からは年金を受給できるため、運用益と合わせれば5,000万円に手をつけないでも生活は成り立つのです。

家族がいる場合

4人家族世帯の1ヶ月あたりの平均支出は約33万円です。年間では約400万円の計算です。

つまり、5,000万円を年率5パーセントで運用したとしてもまかないきれません。

 

とはいえ、夫婦2人で月に20万円の収入を得られれば、年間収入は運用益と合わせて約450万円となります。単身に比べて余裕はありませんが、十分セミリタイアして支出をまかなえる計算です。

また、子どもが独立する40代から50代になると、支出は減ります。支出が減れば、仕事からの収入を減らしても問題ありません。

5,000万円でセミリタイアはできる!

単身でも家族がいても、5,000万円あればセミリタイアできることがおわかりいただけたでしょう。

ただし、5,000万円を切り崩していくだけでは安定したセミリタイアはできません。セミリタイアするには、次のような条件が必要です。

  • 5,000万円を運用して毎年2%〜5%の不労収入を確保する
  • 一人あたり月5万円〜10万円の収入を確保する

そもそも、セミリタイアはまったく収入を得ないことを想定していません。もし、まったく収入を得ずに、貯金だけで生きていくことをイメージしているなら、家族がいる世帯で8,000万円から1億円程度の貯金が必要です。

5,000万円の貯金を作ってセミリタイアする手順

5,000万円の貯金を作ってセミリタイアする手順

5,000万円を運用しながら、最低限の収入を得ることで単身でも家族がいてもセミリタイア できることがわかりました。では、どうすればその5,000万円を準備することができるでしょうか?

5,000万円を準備するためには、次の2つのステップに分けると良いでしょう。

ステップ1:毎年150万円貯金する

5,000万円を準備するには、毎年150万円(月12.5万円)以上の貯蓄がおすすめです。その額なら、老後を迎えるまでに5,000万円を貯められるからです。

資産運用せずに、毎年150万円を貯金していくと、33年で5,000万円になります。

 

仮に20代から毎年150万円の貯金ができるなら、50代までにセミリタイアできるようになります。20代からの貯金が難しくて30代から始めても、60代で5,000万円を達成できる水準です。

ステップ2:年間利回り5%を目指して資産運用する

貯金だけでなく資産運用によって資産を増やしていければ、さらに早く5,000万円に到達できます。

資産運用をする際は、年間利回り5%を目指すのがおすすめです。年間利回り5パーセントは、無理なリスクを負わずに現実的に目指せる水準だからです。

 

たとえば、毎年150万円を貯めつつ年率5パーセントで運用できれば、最短14年で5,000万円が貯められます。30歳から準備を始めれば、44歳で5,000万円となっているのです。

セミリタイアする時期が50代で良ければ、貯金額や運用成績はさらにゆとりを持っていても問題ありません。

0円から1,000万円貯めるためのおすすめ資産運用方法

0円から1,000万円貯めるためのおすすめ資産運用方法

セミリタイアするための5,000万円を早く準備するには、貯金しながら資産運用しなければなりません。運用方法は資金力の有無によって異なります。

まだ資金力のない0円から1,000万円を貯めるためのおすすめの運用方法は、次の3つです。

  • 投資信託
  • ETF(上場投資信託)
  • 長期株式投資

おすすめする3つの運用方法では、毎年5%の利率を目指せます

方法1:投資信託

投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて(ファンド)、運用のプロ(ファンドマネージャー)が株式や債券、不動産などのさまざまな資産に投資する金融商品です。投資家は、運用成績に応じて利益を受け取れます。

投資信託はさまざまな資産に投資しているため、分散投資されており損失リスクが少ないです。また資産運用では、利益を目減りさせないために、手数料を少なくすることが大切です。

その点、投資信託は手数料の少ないものがたくさんあって投資家に有利な運用ができます。

方法2:ETF(上場投資信託)

ETFとは上場投資信託のことです。ETFと投資信託の違いは、次の2点です。

  • 秒単位で価格が変動する
  • 証券取引所が開いている時間ならいつでも売買できる

ETFは、投資信託よりも手数料を低く設定されています。ETFの投資家が毎日、運用会社に支払う信託報酬が一般的に投資信託よりも安いからです。

また、投資信託は100円から購入できるものが多数ありますが、ETFを購入するには数万円必要です。

ETFも投資信託も運用パフォーマンスに大きな違いがありません。そのため、まとまった少額で手軽に運用したい方は「投資信託」、日々の値動きを確認して売買したい場合や、手数料の安さにこだわりたいならETFを購入することをおすすめします。

方法3:株式投資(長期投資)

株式投資は資産運用の王道ですが、「長期」「積立」「分散」を意識するようにしましょう。損失リスクを下げながら、高い運用成績をあげるためです。

  • 長期投資:株式投資では、売買が短期になるほど株価の動きが激しく、予測することが難しくなるから
  • 積立投資:一気に大金を投資してしまうと、投資したタイミングの株価に依存してしまうから
  • 分散投資:一つの銘柄に集中して投資しても、その銘柄次第で運用成績が決まってしまいリスクが高まるから
  • 5,000万円を貯めるには、できるだけ損失を出さずに、コツコツ利益を積みあげていくことが必要です。そのときは、株式を「長期」「積立」「分散」で投資するのがベストです。

    1,000万円を5,000万円にするためのおすすめ資産運用方法

    1,000万円を5,000万円にするためのおすすめ資産運用方法

    1,000万円以上の資金力を得た場合、投資信託、ETF、長期株式投資に加えて次の2つの運用方法もおすすめです。

    • ヘッジファンド
    • 不動産投資

    方法1:ヘッジファンド

    ヘッジファンドとは、どのような市場状況でも利益を追求することを目的に運用されるファンドのことです。投資家は資金を提供して運用結果を待つだけです。

    ヘッジファンドは、資産1,000万円以上の富裕層しか投資できません。ファンドが持つ高い資金力に加えて、幅広い情報網があって経験豊富なファンドマネージャーが運用してくれるので年率5パーセント以上の成績も期待できます。

    方法2:不動産投資

    不動産投資とは、土地や建物といった不動産を売買したり賃貸したりすることで利益を得ていく投資手法のことです。

    たとえば、アパートやマンションを購入して居住者を募ることで家賃収入を得られるようになります。不動産の購入金額よりも多くの収入を得られれば利回りが高くなっていきます。

    また値上がりしそうな土地を購入して、値上がりしたタイミングで売却することでも収益を得られます。

    とはいえ、不動産投資には一定の知識と経験が必要です。不動産投資に興味のある方は、マンションやアパートの一室の賃貸や自分が持っている不動産があれば貸し出してみるなど、できるところから初めてみてください。

    セミリタイア前の注意点

    セミリタイア前の注意点

    セミリタイアをする前には、次の5つの注意点が必要です。

    • 負債を作らない
    • ムダな支出を減らして生活水準を上げない
    • 若いうちは人的資本も磨く

    注意点1:負債を作らない

    セミリタイアをするなら、負債を作ってはなりません。なぜなら、負債の返済に追われて資金を準備できないか、準備できる時期が遅れるからです。

    負債がある中で貯金することは難しいです。注意すべき負債は、たとえば次のようなものです。

    • 住宅ローン
    • カーローン
    • 奨学金・教育ローン
    • その他消費ローン

    家は、投資として有利になる場合以外は購入してはなりません。車も必要最低限のものにしましょう。

    高級車を購入したいなら、セミリタイアはあきらめてください。奨学金や教育ローンも利用せず、あらかじめ蓄えておくのがベストです。なぜなら、奨学金や教育ローンには利子がつくからです。

    注意点2:ムダな支出を減らして生活水準を上げない

    「負債を作らない」に通じる話ですが、ムダな支出を減らして生活水準を上げてはなりません。

    生活水準を上げて良いのは、収入が上がったときではありません。運用から得られる利益が、生活費を上回ったときです。

     

    資金を蓄えられない方は、収入が上がると同時に支出も増えます。必要最低限の生活にして、贅沢しないようにしましょう。

    特に、固定費は知らず知らずのうちにムダな料金を支払っていることがあります。固定費のすべての項目と料金を把握して、減らせないか考えてみてください。

    月額課金サービスは、2週間以上利用していないなら解約することをおすすめします。2週間以上も利用しないということは、生活に必要ないからです。

    注意点3:若いうちは人的資本を磨く

    20代や30代のうちに、人的資本を磨きましょう。人的資本とは、つまり自分の稼ぐ力のことです。スキルや経験、実績などが人的資本になります。

    人的資本を高めると、稼ぐ力が身につくことになるので自然と収入が上がってきます。収入が高い方が、セミリタイアしやすいことは間違いありません。

    収入が増えるに伴って、支出を上げなければ早くセミリタイアできるのです。また、セミリタイア後も仕事を続けたいなら、実績や経験が役立つはずです。安定した収入を得るためにも、人的資本を高めておくのをおすすめします。

    セミリタイア後の注意点

    セミリタイア後の注意点

    セミリタイア後は、できるだけ5,000万円を切り崩さないようにしましょう。なぜなら、5,000万円からの運用益が減少するからです。

    5,000万円を年間利回り5パーセントで運用すると、得られる利益は年間250万円ほどです。1年間の生活費を賄うのに必要最低限の金額です。その運用益があるからこそ、ストレスにならない仕事を選んで生活できます。

    5,000万円を切り崩して生活すると、運用益も減ってしまい、お金のために仕事をしなければなりません。その恐れをできるだけなくすために、5,000万円を切り崩さないことをおすすめします。

    まとめ

    まとめ

    セミリタイアは、資産運用をして仕事から最低限の収入を確保できるのであれば、5,000万円で実現できます。

    とはいえ、セミリタイアを目指すには収入アップと貯金、資産運用の成績が必要です。言うのは簡単ですが、実行するのは決して簡単ではありません。

    本記事では、5,000万円でセミリタイアを目指せる現実的な方法を紹介してきました。他の記事とも是非比較しながら、参考にしていただければ幸いです。

    セミリタイアのため、資産運用を少しでも始めていきたい方は下記の記事もおすすめです。

    あわせて読みたい!
年利10%で資産運用する方法は?押さえておきたい注意とは
年利10%で資産運用する方法は?押さえておきたい注意とは

資産運用の平均的な年利は3パーセントから7パーセントほどですが、投資商品を厳選すれば、年利10パーセントも狙うことができます。年利10パーセントで資産運用していくにはどのような商品に投資すれば良いのか もっと読む

年利「5%」で運用を目指すなら知っておきたい方法は?おすすめ方法と注意点
年利「5%」で運用を目指すなら知っておきたい方法は?おすすめ方法と注意点

資産運用するとき、必ず気にする必要があるのが「利回り」または「年利」です。年利が大きいほど、大きな利益が期待できるので、年利が高い商品は魅力的に感じられます。 一方で、利回りが高い商品は元本割れのリス もっと読む

退職金のおすすめの運用方法は?8つの方法のメリット・デメリットを比較
退職金のおすすめの運用方法は?8つの方法のメリット・デメリットを比較

近年、退職金を運用したいというニーズが高まっています。老後の年金が期待できないことや、「少子高齢化で日本経済が傾くのでは?」といった不安感から、「自分の老後は自分で守る」という考えが生まれてきているか もっと読む

資産運用で年利10%は実現できる?どの投資商品なら可能?

資産運用の平均的な年利は3パーセントから7程度ですが、投資商品を厳選すれば、年利10パーセントも狙うことができます。年利10パーセントで資産運用していくことは十分可能なので、どのような商品に投資すれば もっと読む

海外の資産運用が実はおすすめの理由とは?メリット・デメリットと運用方法
海外の資産運用が実はおすすめの理由とは?メリット・デメリットと運用方法

2020年のコロナショックを受け、資産運用を始める人が増えました。株価が下がったときに投資をすれば、株価が戻るときに儲かるだろうと考える人が多かったからです。この機会に日本の企業の株式を買ってみた方も もっと読む

資産運用に「安全」な方法はあるのか?おすすめの元本保証・低リスクの投資
資産運用に「安全」な方法はあるのか?おすすめの元本保証・低リスクの投資

資産運用にはリスクがつきものですが、できる限り安全に資産運用したいニーズもあります。自分のお金をリスクにさらさないで済む方法があるなら、誰だってその方法で投資をするでしょう。 この記事では、安全な資産 もっと読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像