ファンドとは?ファンドの特徴の違いを知って投資ファンドで資産運用するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく耳にするファンドという言葉ですが、その言葉には多くの意味が含まれています。

ここでは、それぞれのファンドの特徴とその違い、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

資産運用おすすめ投資先ランキングバナー画像

1、ファンドとは

ファンド(fund)とは、もともと資金や基金といった意味の言葉です。

現在はそこから派生して、投資家から資金を募って運用を行う会社(投資ファンド・investment fund)や金融商品(投資信託・investment trust fund)などを指す金融用語としても使われています。

2、公募ファンドと私募ファンドの違い

(1)公募ファンド(投資信託)

不特定多数の投資家から資金を募り運用を行う金融商品を公募ファンドといい、その代表的な商品が投資信託です。

日本における投資信託は、投資信託及び投資法人に関する法律に従って設定されたものをいい、組み入れる商品や配当などに関しては規制の対象となっています。

公募ファンド(投資信託)には、個人では投資が難しいような商品を含めた、さまざまな商品に少額から分散投資が可能であり、運用をプロのファンドマネージャーに任せられるという特徴があります。

証券会社のほか、銀行や郵便局などで購入できる気軽さもあります。

ただしその数は膨大で、それぞれの商品ごとに投資対象や投資方針が異なるため、どの商品を選ぶかによって運用成果も変わってきます。

日経平均株価やS&P500といった指数(インデックス)をベンチマークとして、これ連動する運用成果を目指す「インデックス・ファンド」や、ベンチマークを上回る運用成果を目指す「アクティブ・ファンド」といった分類がなされます。

(2)私募ファンド(ヘッジファンド)

私募ファンドとは、適格機関投資家や少数(49名以下)の一般投資家に限定して出資を募り運用を行うファンドで、ヘッジファンドとも言われます。

公募ファンドのように法律の規制を受けないため運用の自由度が高く、相場環境によらず絶対的な収益を追求できます。

また、出資者の入れ替わりや資金流出などの頻度も低いため、安定した運用ができるといった特徴もあります。

ただし少数の投資家からまとまった資金を募る必要があるため、最低出資額は一般的に高額です。

最低出資額1億円以上のファンドも珍しくありませんが、最近では数百万円〜1,000万円以上から投資できる私募ファンドも増えています。

とはいえ、公募ファンドに比べるとややハードルは高いと言えるでしょう。

(3)公募ファンドと私募ファンドの比較 メリット/デメリット

公募ファンド
(投資信託)
私募ファンド
(ヘッジファンド)
対象 不特定多数の投資家 適格機関投資家
少数(49名以下)の一般投資家
運用手法 投資方針に基づいて運用され、運用成果は投資対象の値動きに連動 相場環境によらず、収益追求する(絶対収益追求型)
規制 厳しい 緩い
運用コスト
(手数料)
信託報酬
(運用成果に関わらず預入金額に対して定率)
成果報酬
(運用成果に対して報酬が発生)
運用スキル サラリーマンファンドマネージャーが多い 実績のある経験豊富なファンドマネージャーが多い
最低投資額 数千円程度〜 1,000万円程度〜
流動性 原則いつでも解約して換金可能 四半期・半年・1年に1回など解約できる時期が制限される

3、おすすめの投資信託・ヘッジファンド

(1)投資信託

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
(楽天投信投資顧問)
FTSEグローバル・オールキャップ・イン デックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。先進国株式、新興国株式の大型株、中型株および小型株まで約8,000銘柄への投資と同じ効果が期待できる。
騰落率(年率) 6ヶ月 1年 3年(年率)
-1.17%
ひふみプラス
(レオス・キャピタルワークス)
株価が割安な国内外の株式を選別し、長期的な資産形成を目指すアクティブ・ファンド。株価が割高となった銘柄は売却を行い、割安な銘柄がない場合に買付を行わず現金比率を高めるなど、機動的な運用を行う。
騰落率(年率) 6ヶ月 1年 3年(年率)
-3.22% 19.25% 14.62%
 ニッセイ外国株式インデックスファンド
(ニッセイアセットマネジメント株式会社)
MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざすインデックス・ファンド。日本を除く世界主要先進国約1,300銘柄への投資と同じ効果が期待できる。
騰落率(年率) 6ヶ月 1年 3年(年率)
0.47% 12.39% 5.06%
 楽天・全米株式インデックス・ファンド
(楽天投信投資顧問)
CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース) に連動する投資成果をめざすインデックス・ファンド。米国株式市場の大型株から小型株までを網羅し、投資可能銘柄の大部分をしめる約4,000銘柄への投資と同じ効果が期待できる。
騰落率(年率) 6ヶ月 1年 3年(年率)
2.58%
SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)
(ザ・バンガード・グループ・インク)
S&P500種指数(同指数)の価格・利回りのパフォーマンスに連動する投資成果を目指すETF(上場投資信託)。低コストで米国主要株式への投資と同じ効果が期待できる。
騰落率(年率) 6ヶ月 1年 3年(年率)
16.10% 12.40%

(2018年8月20日時点)

(2)投資会社

① M&S

M&Sは日本株をメインとしてバリュー(割安)株投資を行う独立系の投資会社です。

彼らは投資先企業の手掛ける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の企業価値(市場における時価総額)との間に乖離のある銘柄に投資します。

目標とするベンチマークなどは設定せず、中長期的なスタンスで投資が行われます。

またM&Sは、村上ファンド以来、国内に籍を置く唯一のアクティビスト(もの言う株主)として、積極的に議決権を行使し、株主提案など企業に働きかけを行っています。

このような働きかけによって、市場との乖離がなくなるのをただ待つだけでなく、企業価値向上と株主利益の最大化を自らの手ですすめ、企業価値を本来の理論価値に近づけることに努めています。

運用マネジャー及び社員は外資系金融機関出身者などが多く在籍し、2016年の設立以降、ファンドは毎四半期プラスの投資成果を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年には同27.06%と、いずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回りました。

このような実績が認められ、AsiaHedge Awards2017「New Fund of the Year」に日本勢で唯一ノミネートしており、2018年も連続でノミネートされることが決定されたようです。。

最低投資額1,000万円(1,000万円以下の出資希望は要相談)

公式サイト:M&S

② フロンティア・キャピタル

フロンティア・キャピタルは、「海外バリュー株投資ファンド」や「新興国株ファンド」などを運営するヘッジファンドです。

海外バリュー株投資ファンドは、ネット現金性資産(資産の中から現金同等物を抜き出し全ての負債を差し引いて残る資産)が時価総額よりも大きい銘柄へ投資します。

株価が現時点の企業価値を下回っている銘柄へ投資することで下落リスクを押さえながら、物言う投資家(アクティビスト)として経営陣へ働きかけ株価を上昇させる活動も行ない年平均10%を超えるリターンをあげています。

新興国株ファンドは、成長力が高いにも関わらず割安に放置されている国の株式へ投資します。

同ファンドは新興国の中でも成長力に対し株価が割安に放置されているイラン株式に投資しており、イラン当局から株式投資の許可を得た国内唯一のファンドでもあります。

2018年4月の運用開始後3カ月間のリターンは16.67%(年率66%)という驚異的な数字をあげており、今後も注目しておきたいファンドです。

最低投資額500万円(500万円以下の出資希望は要相談)

公式サイト:フロンティア・キャピタル

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ファンドといっても、公募ファンドから私募ファンドまで多種多様なファンドがあり、パフォーマンスもピンからキリまであります。

わたしたちは、それらの中から運用目的にあわせて適切なファンドを選ばなくてはなりません。

ヘッジファンドは相場環境に左右されずリターンを追求していくため、一般的に投資信託よりも優れたパフォーマンスが期待できます。

今回ご紹介した中でも特に、M&Sは魅力ある投資先を見出すだけでなく、自ら働きかけを行うことで積極的に利益を追求することによって、そのほかのファンドに比べ高い運用利回りとなっています。

ある程度の投資額が必要ではありますが、選択したいのは投資ファンドと言えるでしょう。

関連記事

証券会社、生損保代理店での勤務を経てファイナンシャルプランナーとして独立。

(保有資格)1級FP技能士・証券外務員一種
(試験合格)宅建士・行政書士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加